フォトグラファーの森健人とsoeの共作アイテムがPOP-UPで発売

渋谷PARCO 7FのコンセプトストアM.I.U. N°2 にて、1月24日(金)よりSOE READY TO WEAR 2020S/S POP-UP CORNERが開催される。

イベントではsoe最新作20ssシーズンのメンズ、ウィメンズのコレクションラインの発売に加え、イベント開催を記念して、フォトグラファーの森健人と共作した新作もリリースとなる。

同氏のライフワークでもあるフィルムアーカイブには、地域や人々の属性を投影する作品による深い社会的なメッセージが込められている。保護主義的なグローバルの流れ、それらの思想に対して表現者としてある種のアンチテーゼとも取れるコンセプトを背景に製作されたスモールコレクションに仕上がっている。

info

「SOE READY TO WEAR 2020S/S POP-UP CORNER」

会場:「M.I.U. Nº2」東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO 7F

TEL:03-6452-5973

ホームページ:http://www.miu-tokyo.com/
http://www.soe-tokyo.com/

related

soeからEDWINと制作したカラーデニムが発売

soeから2020〜2021AWの新シーズンスタートを飾るコラボレーション第2段として、日本を代表するデニムメーカーEDWINと制作した5色展開のカラーデニムが、全国のsoe取扱い店舗、及びsoe onlineにて8月29日(土)より発売される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。