adidas OriginalsとNOAHが海への感謝と敬意をこめたコラボコレクションを発表

adidas OriginalsからNYのブランドNOAHとのコラボコレクション『adidas Originals by Noah』が発表される。

ロングアイランドで育ち、10代の頃に進出したNYでの思い出に根ざした NOAHの創始者Brendon Babenzien(ブレンドン・バベンジン)は、スケート、プレップ、航海、クラシックなメンズウェアなどの 異質なスタイルを融合させ、NOAHを作り上げた。

今回のコラボコレクションは、adidas Originalsのアイコニックなトレフォイルをフィーチャーしたライフスタイルコレクション、 そしてBrendonのランニングへの情熱にインスパイアされたパフォーマンスコレクションが展開。

ライフスタイルコレクションは、adidas Originalsのアイコニックなトレフォイルをフィーチャーしたフットウェア2点、 アパレル4点、アクセサリー2点の全8アイテムを展開。フットウェアはSL72のクラシックな2カラーウェイのアー カイブモデルを、プラスチック廃棄物をアップサイクルして生まれた新しい素材「プライムブルー(PRIMEBLUE)」のニッ トアッパーで再構築。

アパレルはリサイクル素材を30%使用した、貝殻のグラフィックが印象的なフレンチテリーのクルーネックのスウェットシャツ、Tシャツ、ショーツを展開する。

Brendon Babenzienのランニングへの情熱にインスパイアされたパフォーマンスコレクションは、フットウェア2点とラ ンニングジャケット、ランニングショーツ、ランニングキャップの3点がラインナップ。

SL72からインスピレーションを得て新しく登場するフットウェアは、adidasの新しい軽量ランニングシルエットSL20の2カラー展開。82%が「プ ライムブルー(PRIMEBLUE)」からなるニットアッパーと、パフォーマンステストされたミッドソール Lightstrikeで構成さ れた新しいシルエットは、adidasの絶え間ないイノベーションの追求とNOAHの様々な文化的影響を見事に融合せている。ランニングジャケット、ランニングショーツ、ランニングキャップは全てリサイクルポリエステル100%で構成された。

海への情熱を語るBabenzienは、「私が育った場所では、水と海がすべてのルーツでした。いつも、何らかの形で水の上にいました。信じられないほど多くの時間をビーチで過ごし、釣りをしたり、水辺でぶらぶらしたりしていたり。大人になった今、私たちが環境や水 辺に与えてきたダメージを目の当たりにすることで、そのダメージの一部を正すことができるようになりました。」とコメントしている。

このコレクションは8/27(木)11:00よりアディダス アプリアディダス オンラインショップ、 アディダスオリジナルス フラッグシップ ストア 新宿・原宿で発売となる。

Info

アディダスお客様窓口 

Tel:0570-033-033 (土日祝除く、9:30~18:00)

related

adidas OriginalsとHUMAN MADEの「FUTURE IS IN THE PAST」のメッセージを込めたカプセルコレクション

adidas OriginalsがNIGO®によるブランドHUMAN MADEとの新しいコレクションを9/25(金)から発売する。

New Balanceから2010年に登場したフラッグシップモデル「2002」がアジア製で初復刻

New BalanceからMade in U.S.A.のフラッグシップモデルとして2010年に登場した「2002」が、アジア製となり初復刻される。

Sneakersnstuffでスイーツからインスパイアされたadidas Originals『Homemade Pack』コレクションが限定発売

ストックホルム発スニーカーストアSneakersnstuffにて、adidas Originalsとのコラボレーションにて、スイートなカラーリングの『Homemade Pack』を限定で発売される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。