【特集】ラップやインディーロックを融合させたサウンドで注目のボストンのユニットBrevin Kimが選ぶ『自身のオススメ楽曲 + インスピレーションを与えてくれる音楽』

CalとBren Paulhusの二人からなるボストン出身のユニットBrevin Kimは、ラップとポップ、インディーロックを彼ら独自のテイストで融合させた楽曲で注目を集めている。

昨年リリースの“somebody, some body”は、それまでの彼らのキャリアから見れば異例の大ヒットを記録。エモーショナルなピアノバラードからオルタナティブロックを通過したポップソング、ヘビーなバンガーまで様々なスタイルを取り入れながら支持を広げている彼らは、これまでの集大成的なアルバムのリリースを予告している。

今回、そんなBrevin Kimの二人が、彼ら自身の楽曲とインスピレーションを受けた楽曲を織り交ぜたプレイリストを作成してくれた。二人のコメントと共にこれらの楽曲を聴くことで、Brevin Kimという次なるスターの魅力を感じることが出来るはずだ。

1. Brevin Kim - he doesn’t love her

コメント

恋愛における内面の想いを歌った曲。

2. Brevin Kim - i need water

コメント

人は誰でも死ぬってことを悟って、この曲を書いた。

3. Brevin Kim - !holyshitohmygod!

この曲は、LAにいた最後の夜に書いたんだ。

4. Brevin Kim - Manzanita St.

コメント

この曲のタイトルは、僕たちが初めてLAに来たときに泊まった通りの名前にちなんで付けた。

5. Brevin Kim - somebody, some body

コメント

この曲が出来た瞬間に、これがヒットするって分かったよ。

6. Brevin Kim - the wedding!

コメント

この曲は僕、メンバーのCalが、3年前の夏の結婚式でガールフレンドに会った夜のことを歌ったものだ。

7. Brevin Kim - hangover

コメント

この曲は僕たちの内側から出てきた。感情をマイクに向かって叫び始めて、一晩で形になったんだよ。

8. Phoebe Bridgers - Scott Street

コメント

僕たちはこの曲を聴いて泣いて、インスパイアされる。

9. 100 gecs - hand crushed by a mallet

コメント

Dylan Bradyからは大きなインスピレーションを受けて、僕たちの制作スタイルに影響を与えてくれている。

10. Dominic Fike - Double Negative (Skeleton Milkshake)

コメント

今のお気に入りの曲の一つ。Domのことが大好きだよ。

11. Yung Lean - Outta My Head

コメント

ドライブしながら、色々なことを感じるのに最適な曲。

12. Novo Amor - Halloween

コメント

僕たちの、最大のインスピレーションの一つ。この曲のリリシズムはとても素晴らしくて、親近感が湧くし、切ない。

13. KEY! - Boys Don’t Cry

コメント

良くも悪くも、いつも2020年の夏を思い出させてくれるバンガー。

14. Smashing Pumpkins - Tonight, Tonight

コメント

この曲は、この夏の初めの辛い時期を乗り越えるのを助けてくれた。素晴らしいよ。

15. Dijon - hunni

コメント

今年のお気に入りの曲の一つ。Dijonはとても素晴らしくて、僕たちのSoundCloudページでもこの曲をカバーしてる。

16. Kanye West - Send It Up

コメント

ビートを作るためにインスピレーションが必要なときはこれを聴く。

17. Smokepurpp - Off My Chest (feat. Lil Pump)

コメント

男を感じたいときは、この曲を聴けばいい。アドリブがバカっぽい。

18. Jose Gonzalez - Heartbeats

コメント

僕たちの人生の中で、一番好きな曲の一つだよ。タイムレスだ。とても心が痛むけど、それでも美しくて、良いものを作るために僕たちをインスパイアしてくれる。

related

医者が手術中に流す曲ランキングが発表

手術中に音楽を流す医者は多い。患者は麻酔で眠っていて何も聞こえないので、医者が自分の好みの曲を流しているようだ。医療ドラマのイメージなどから、緊張感ある張り詰めた空気のなか手術は行われるのかと思いきや、驚くことにアメリカの医者がオペ室で流す曲ランキングは激しいロックが一番人気であった。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.2 | ゆるふわギャング、Playboi Carti、French Montana、Joey Badassなど35曲の新譜を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで先週からスタートしたばかりの、FNMNLによるオフィシャルプレイリスト。FNMNL編集部が新譜から選りすぐりの楽曲をピックアップし、毎週水曜日に更新する。

SpotifyでFNMNLのオフィシャル・プレイリストがスタート。毎週更新で世界中の新譜からセレクト

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで、今週からFNMNLがセレクトしたオフィシャル・プレイリスト企画がスタート。FNMNL編集部が毎週リリースされる新譜からピックアップしたトラックを、毎週水曜日に更新していく。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。