9月に予定されていた『SUPERSONIC』が2021年に開催延期

9/19(土)~9/21(日)に開催を予定していた『SUPERSONIC』が、新型コロナウイルス感染症に関連して、海外アーティストの来日の見通しが立たないことや、最近の感染拡大状況を受けて来場者・アーテ ィスト・スタッフの安全を確保しての開催が難しいという判断に至り、2021年に開催を延期することになった。

購入したチケットに関しては来年の日程にそのまま有効となるが、希望者には払い戻しの対応を行う。払い戻し方法と延期日程は後日発表予定だ。

コロナに潰された数々のフェスティバルの無念を思いながら、絶対にスーパーソニックの時期にはコロナと向き合っての開催を目指していました。しかし、今回のアナウンスの内容が全てです。そしてこの数週間、スーパーソニックは是が非でも実現してくれという声以上に、特に海外アーティストからの来日することへの不安、そして来場者の「今観 に行っていいの?」という不安の声が一層大きくなってきていました。ここがデッドラインです。私達も今年は負けました。ここまで信じてきてくれた皆さま、感謝と共に心よりお詫びします。 来年の開催も同じ場所、同時期での実現に向けて交渉に入ります。ここまで当日プレイする気持ちを維 持してくれたアーティスト、これから発表しようというタイミングを待っていてくれたアーティストに は引き続き来年にも出てもらえるように頼みます。チケットを買って開催を信じてくれていた人達、行きたいけど今は我慢しようと決めた人達も、2021年は2年分の笑顔を約束させて下さい。そして、ここから始めようと黙々と作業をすすめていてくれたスタッフの皆さん、ごめんまた出直しだね。皆で花火だけでも上げようか。 これからもサマーソニックの映像配信のように、今できる事を発信しながら、来たるライヴのある生活に向けて精進して行きます。世の中に溢れている素晴らしい曲を、生のアーティストを、その場で観れる日に向けて。もう少しの辛抱です。 クリエイティブマン代表 清水直樹

Info

https://supersonic2020.com/

related

クラウドファンディングを実施中の下北沢SPREADが再始動 | オープニングシリーズの暫定プログラムとラインナップも発表

今年2月にオープンしたばかりの下北沢のクラブ/ライブスペースのSPREADは、数回の営業の後、新型コロナウイルス感染症拡大による政府からの自粛要請を受け、営業自粛となった。

アーティストの2人に1人がコロナ禍でアーティスト活動を諦めようとしていたことがアンケートで明らかに

バドワイザーは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有の危機に直面している音楽・ファッション・アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト『RE:CONNECT』をスタートさせたが、合わせて全国のカルチャーに携わるアーティストを対象に、「コロナウイルスと制作に対しての意識調査」を実施した。

PHINGERINの新アイテム「マスクケーブル」が大好評で全国展開をスタート

PHINGERINは3月にオリジナルのパジャマの残生地を使ってマスクを制作、自身のオンラインショップで販売し大きな反響があった。これは元々秋冬で展開する予定のアイテムだったが、新型コロナウイルスの感染状況もあり、急遽販売したものだった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。