環ROYがトラックも自身で手がけた3年ぶりの新曲"Protect You"をリリース | ミュージックビデオも公開

環ROYが前作『なぎ』から3年ぶりとなる新曲"Protect You"を、本日8/5(水)にリリースしミュージックビデオも公開した。

"Protect You"はラップはもちろん、トラックも自身で手がけた楽曲で、独特の軽さを持ったトラックとリズミカルなラップは新境地を感じさせる。ミュージックビデオは井手内創が監督した。

合わせて青木柊野による新しいアーティスト写真、環ROYによるプレイリスト「in any case」も同時に公開されている。

Info

環ROY「Protect You」
Digital | 2020.08.05 Release
DDCB-13051_1 | Released by B.J.L. X AWDR/LR2

Written and Produced by Tamaki Roy
Recorded and Mixed, Mastered by URBAN at POTATO STUDIO
Photo : Syuya Aoki
Art Direction and Design : Kei Sakawaki

環ROY「Protect You」MV
Written and Produced by Tamaki Roy

Director, Editor : Soh Ideuchi
Cinematographer : Ryo Yoshiya
Producer : Takao An (MAZRI Inc.)
Production Manager : Kosuke Yamashita (MAZRI Inc.)
Hair & Make : Mahito (TETRO)
Typography : Kei Sakawaki
Recording Engineer : URBAN (POTATO STUDIO)
Label Manager : Kenji Seki (AWDR/LR2)

環ROY|PLAYLIST「in any case」
Apple Music | https://music.apple.com/jp/playlist/in-any-case/pl.9973c1cc71a14d6a916aa120e5bf39c5
Spotify | https://open.spotify.com/playlist/7FGCtMvljNyvzJ68y66FY1?si=2bJIkyCVSXGAipuGBf71zg

related

冥丁のアルバム『古風 Ⅱ』のリリースツアーが開催|WWW Xでの東京公演に環ROY+角銅真実、SUGAI KENが参加

「LOST JAPANESE MOOD」(失われた日本のムード)をテーマに、日本の古い歴史の瞬間をノスタルジックな音の情景に再構築した3部作を発表してきた冥丁が、国内外からの評価の決定的なものにしたアルバム『古風』、その続編となる『古風 Ⅱ』のリリースを記念し、全国6都市を回る国内ツアーを開催する...

環ROYの“Protect You”のKENSINGTON AND HAUSによるリミックスがリリース

環ROYが全てのラップ、ビートメイキングを独力でおこない、完全セルフ・プロデュースのアルバムとして2020年11月に発表した環ROY『Anyways』。本作の収録曲から気鋭のアーティスト達が自ら選曲、リミックスを制作し『Anyways Remixies』として発表するプロジェクトから、KENSINGTON AND HAUSによる“Protect You (KENSINGTON AND HAUS Remix)”がリリースされた。

環ROYの"Flowers”のJUNES Kによるリミックスがリリース

環ROYが全てのラップ、ビートメイキングを独力でおこない、完全セルフ・プロデュースのアルバムとして2020年11月に発表した環ROY『Anyways』。本作の収録曲から気鋭のアーティスト達が自ら選曲、リミックスを制作し『Anyways Remixies』として発表するプロジェクトから、ビートメイカーJunes Kによる“Flowers (Junes K Remix)”がリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。