環ROYが初のビート集『Furniture music, contemporary / 16 raw umber』をリリース | 渋谷のヘアサロンTETROのBGMとして制作

環ROYが自身初のビート集『Furniture music, contemporary / 16 raw umber』を、本日1/25(水)にリリースした。

2016年に渋谷の鶯谷町にオープンしたヘアサロンTETRO。この作品はオープン当初よりTETROと親交を深めてきた環ROYが、サロンのBGMとして制作してきたインストゥルメンタルビートを作品化したもの。エリック・サティを引用した「現代の家具の音楽」として限定のカセットテープで2022年10月にリリースし、即完売となった。そこに収められた12曲を4つのEPに再編集、デジタルリリースが決定。本作はその第一弾となる。

Matthewdavid
草野庸子

マスタリングは、Sam GendelやSam Wilkesなどのリリースで知られるレーベルLeaving Recordsを主宰し、アーティストとしてBrainfeederに所属するLAのプロデューサー/DJ、Matthewdavidが担当。アートワークは、TETROとも親交が深い写真家、草野庸子が制作した。

Info

環ROY「Furniture music, contemporary / 16 raw umber」
Digital | DDTB-13001_1 | 2023.01.25 Release | Released by B.J.L. X AWDR/LR2
https://ssm.lnk.to/Fmc16ru

  1. Translucent wallpaper / トランスルーセント ウォールペーパー
  2. At the Bistro / アト ザ ビストロ
  3. Superintendent General's office Robot Cleaner / スーパーインテンデント ジェネラルズ オフィス ロボット クリーナー

related

冥丁のアルバム『古風 Ⅱ』のリリースツアーが開催|WWW Xでの東京公演に環ROY+角銅真実、SUGAI KENが参加

「LOST JAPANESE MOOD」(失われた日本のムード)をテーマに、日本の古い歴史の瞬間をノスタルジックな音の情景に再構築した3部作を発表してきた冥丁が、国内外からの評価の決定的なものにしたアルバム『古風』、その続編となる『古風 Ⅱ』のリリースを記念し、全国6都市を回る国内ツアーを開催する...

環ROYの“Protect You”のKENSINGTON AND HAUSによるリミックスがリリース

環ROYが全てのラップ、ビートメイキングを独力でおこない、完全セルフ・プロデュースのアルバムとして2020年11月に発表した環ROY『Anyways』。本作の収録曲から気鋭のアーティスト達が自ら選曲、リミックスを制作し『Anyways Remixies』として発表するプロジェクトから、KENSINGTON AND HAUSによる“Protect You (KENSINGTON AND HAUS Remix)”がリリースされた。

環ROYの"Flowers”のJUNES Kによるリミックスがリリース

環ROYが全てのラップ、ビートメイキングを独力でおこない、完全セルフ・プロデュースのアルバムとして2020年11月に発表した環ROY『Anyways』。本作の収録曲から気鋭のアーティスト達が自ら選曲、リミックスを制作し『Anyways Remixies』として発表するプロジェクトから、ビートメイカーJunes Kによる“Flowers (Junes K Remix)”がリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。