BlackEyePatchによって独自のデザインで再構築されたReebokのコレクションが発売

東京を代表するファッションブランドBlackEyePatchによって独自のデザインで再構築されたReebokスペシャルコレクション『Reebok DESIGNED by BlackEyePatch』が2020年7月23日(木)より発売される。

国内外で注目を集めるファッションブランドBlackEyePatchが、Reebokが誇る歴代の豊富なアーカイブデザインをベースに制作した、 オリジナルグラフィックデザインを採用したスペシャルコレクション。今作では、リーボックを代表するアイコニックなスニーカーからアパレルまで幅広いアイテムが登場する。

世の中に当たり前に流通しているデザインを、これまでのカルチャー的バックグラウンドを通して育まれた独自の視点で再構築することに定評のあるBlackEyePatchらしく、よりポップでグラフィカルにアップデートしたデザインに仕上がっている。

CLUB C 85 BEP / ¥13,200(税込)
SS Tee 1 BEP / ¥5,489(税込)
LS Tee 1 BEP / ¥8,239(税込)
LT HD BEP / ¥9,339(税込)
Shorts BEP / ¥6,589(税込)

本コレクションの発売時期は2回に分かれ、3種類のスニーカーを含む、アパレル&フットウェアのフルコレクションがラインナップされている。7月より発売となるファーストドロップからは、今年発売35周年を迎えたCLUB C BEPが登場。続くセカンドドロップでは、リーボックを代表するモデルINSTAPUMP FURY BEPと、 新モデルZIG KINETICA HORIZON BEPが発売となる。

 

Info

発売日
2020 年7月23日(木)より順次発売

販売店舗
リーボック オンラインショップ
https://reebok.jp
リーボックストア 渋谷
リーボック クラシックストア(原宿、 HEP FIVE、 ダイバーシティ東京プラザ、 あべのHOOP、 ららぽーと立川立飛、 横浜ビブレ、 名古屋みなとアクルス)
リーボック フィットハブ(ららぽーとEXPOCITY、 博多キャナルシティオーパ)※CLUB C 85 BEP のみの展開となります。
ZOZOTOWN
http://zozo.jp/shop/reebok/
ABC-MART Grand stage 各店 / atmos-tokyo.com / Billy’s 各店 / DOVER STREET MARKET GINZA / mita sneakers ※Billy’s 以
外はCLUB C 85 BEP のみの展開となります。

お問い合わせ先
リーボック アディダスお客様窓口
0570-033-033 (電話受付 平日9:30~18:00)
https://reebok.jp/

related

元NBAのカリスマプレイヤーのアレン・アイバーソンによる釣りへの情熱を表現したスニーカーReebok x NICE KICKS QUESTION MID MUが発売

Uの人気スニーカーストアNICE KICKSと、デザイナーのFrank Cookerがコラボレーションし、90年代~00年代前半を代表する伝説的バスケットボールプレイヤーAllen Ezail Iversonの趣味である釣りに対する愛をオマージュした「Reebok x NICE KICKS QUESTION MID MU」が7月25日(土)に発売される。

BlackEyePatchのPre-Fall 20 CollectionのLOOKが公開

BlackEyePatchがPre-Fall 20 Collectionを公開した。

ReebokとBRAIN DEADによるコラボレーションスニーカーが登場

ReebokがLAを拠点にするコレクティブBRAIN DEADとのコラボレーションスニーカー『CL LEATHER MU』を6/26(金)に発売する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。