元NBAのカリスマプレイヤーのアレン・アイバーソンによる釣りへの情熱を表現したスニーカーReebok x NICE KICKS QUESTION MID MUが発売

Uの人気スニーカーストアNICE KICKSと、デザイナーのFrank Cookerがコラボレーションし、90年代~00年代前半を代表する伝説的バスケットボールプレイヤーアレン・アイバーソンの趣味である釣りに対する愛をオマージュした「Reebok x NICE KICKS QUESTION MID MU」が7月25日(土)に発売される。

本モデルはアレン・アイバーソンとReebokのデザイナーであるScott Hewittが25年ほど前に、2人が釣り旅行を楽しんだ時に交わした会話からインスパイアされている。この旅をきっかけにアイバーソンと親交を深めたScott Hewittは、1996年にデビューした「QUESTIONOG」の特徴的なデザインを生み出し、結果的に「QUESTION」は、スニーカー史上最もインパクトのあるシグニチャー・シルエットのひとつとして人気を博すこととなった。

コラボレーションに際し、アイバーソンは釣りへの情熱をはじめ、幼少期、故郷バージニア州ニューポートニューズ近くを流れるジェームズ川で釣りをしたこと、そして若い頃「本当は釣りのプロになりたい」と、周囲の人に話していたことを語っている。

家族全員が釣りをしていたから、俺も5歳の時に釣りを始めたんだ。初めて出かけた日のことをはっきり思い出せるほど、夢中だった。誤って母の足に釣り針を引っかけてしまったのを思い出すよ。実際に、当時母が使っていたひざ掛けの色まで覚えてる。昔は、みんなで近所の岩場や桟橋などから釣りをしていて、ボートで釣りに出るようになったのは、NBAに入ってからだね。何かから逃避したり、雑念を払うために釣りをするひとは多いけれど、俺はただ「釣り人」でありたいだけなんだ。釣りの楽しさを、愛して止まないんだよ。
Allen Ezail Iverson

:Reebok x NICE KICKS QUESTION MID MU / COLOR:[FW1784]STUCCO,BLACK,SETEME / サイズ:25.0cm~31.0cm ※30.5cm の展開はありません / 自店販売価格:¥19,800(税込)
アッパーと縫合されたウェーブ型マッドガードとつま先の部分にはスエード素材が使用され、一つのモデルの中で異素材が絶妙に配置された一足。さらに、ミッドソールを彩るスペックルや、アウトソールとシュータンにあしらわれたReebokのベクターロゴには、暗闇で光る蓄光ペイント加工が施されており、夜間の釣りを彷彿とさせるこだわりが特徴。また、ボディは全体にわたって、アクアブルー、グレー、ベージュの繊細なアーストーンが、活気に満ちたイエロー、パープル、レッドと対照的なカラーリングに。

コラボレーションモデルとして、左足のアウトソールの踵部分にはアイバーソンのナンバーである「3」のロゴ、右足には「NICE KICKS」のロゴを ほどこし、それらの上に位置するアッパーの踵部分にはクラシックなReebok「QUESTION」のロゴを配置している。

 

Info

発売日
2020年7月25日(土)

販売店舗
・リーボック オンラインショップ
https://reebok.jp
・リーボックストア 渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE)
・KICKS LAB.

related

VansとLiberty of London Fabricsのコラボコレクション

Vansと他にはないプリントやテキスタイルが特長のブランドLiberty of London Fabricsとタッグを組み、ウィメンズのフットウェアとアパレルのコレクションを発表する。

PUMA最高峰のプレミアムなコレクション『MMQ EARTHBREAK』が登場

PUMAが最高峰の品質にこだわったコレクション『MMQ EARTHBREAK』を発売した。

New BalanceのバッシュTWO WXYにビビッドな新色が登場

New Balanceから、最新のパフォーマンスバスケットボールシューズTWO WXY(トゥーウェイ)の新色が発売された。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。