Kanye Westが今年の大統領選出馬を取りやめたとの報道がなされる

先日、新党「The Birthday Party」を立ち上げ今年の大統領選への出馬を大々的に宣言し話題を呼んだKanye West。それに伴うForbes誌のインタビューにて反人工妊娠中絶、反ワクチンの思想を語ったことも物議を醸したが、そんな彼が大統領選出馬を早々に取りやめたことが報じられている。

Complexによると、Kanyeは選挙出馬に向けフロリダ州を始めとした州の投票用紙に自身の名前を載せる手続きのために7月15日までフロリダ州の有権者132781人の署名を集める必要があったが、期限までに署名が集まる見込みが無いことから選挙出馬が取りやめになったとの情報がKanye側の広報担当によって明かされたという。

候補者の立候補を支援する会社get-out-the-voteを運営するSteven Kramer氏はKanyeの選挙活動をサポートしてきたが、Intelligencerの取材に対し当初はボランティアで構成されたチームがKanyeのための署名を順調に集めていると明かし「彼は圧倒的な支持を得ている」という返答を行なっていたが、Kanyeサイドの選挙出馬取りやめが明らかになった後の取材では「Kanyeに対しては良いコメントも悪いコメントもありません。何かを決断するには個人的な決定力が必要になります。大統領選に立候補することは、最も難しいことの一つでしょう。初めて立候補する候補者は、誰でもこのような不調を経験するものです」と、今回は残念な結果に終わったが今後は分からないという旨を語っている。

物議や批判を呼びながらもYGやChance The Rapperといったアーティストたちからは支持を集めていたKanyeの政治活動だが、ひとまず今回は彼が大統領となる未来が回避されたと言って良さそうだ。

related

adidasとKanye Westのコラボから人気モデル『YEEZY BOOST 350 V2』が再登場

adidasとKanye Westのコラボレーションから、人気モデル『YEEZY BOOST 350 V2 Core Black/ Core Black/ Red』が抽選販売で再登場する。

Kanye Westがアメリカ大統領選挙で約60,000票を獲得 | 次回の出馬にも意欲を示す

大統領選の集計が行われ、トランプ現大統領の続投か、バイデン候補の当選かで揺れ動く現在のアメリカ。バイデン優位の郵便投票を「不正である」と主張するトランプが集計を打ち切るよう最高裁に申し立てを行う方針を示すなど異例の事態が続く中、一部の州において大統領選に出馬していたKanye Westの得票数が明らかになった。

2 Chainzの新作をKanye Westが全曲プロデュースする予定であったことが明らかに

来週金曜日にニューアルバム『So Help Me God』をリリース予定の2 Chainz。そんな彼が、Kanye Westとアルバムを制作するプロジェクトを始動させていたことを明かした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。