『花と雨』のDVD/Blu-ray発売に先駆けABEMAでの独占先行放送が決定

日本のヒップホップ黎明期から今に至るまで、独自の感性でその最先端を走り続けてきたアーティストSEEDA。彼が2006年に発表、多くのアーティストに影響を与えた伝説的アルバム『花と雨』の映画化は記憶に新しい。その『花と雨』が、DVD/Blu-rayで8月5日に発売されるのに先駆けて、ABEMAでの独占先行放送が8/1(土)に決定した。劇場以外での公開は今回が初となる。

主演には次世代の演技派として日本映画界の注目を集める笠松将を抜擢。監督はPerfume、水曜日のカンパネラを始めBjörkなどのミュージッククリップを手掛ける、映像ディレクター土屋貴史を起用。抒情的な映像美、独特のリズム、大胆なカメラワークなどが光り、新しい映画作家の誕生を感じさせ、第32回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 正式出品作品にも選出された話題作。劇場での公開を見逃した方もオンライン、又はフィジカルでチェックできるいい機会だ。

 

Info

放送情報
8/1(土)21時/ABEMA SPECIAL 2チャンネル
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/9uq7ngQpHspLxf

8/2(日)23時/ドラマチャンネル
https://abema.tv/channels/drama/slots/9uq7obCJgJPNBh

(C)2019「花と雨」製作委員会
Phantom-film.com/hanatoame/

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。