アメリカ政府がTikTokの使用禁止を検討へ

香港でこれまでの一国二制度を脅かすと言われている国家安全法が可決されたことを受け、アメリカでは中国に対する安全保障上の懸念が高まっている。その煽りを受ける形で、現在のアメリカのヒットチャートの形成に欠かせないアプリTikTokの国内での使用禁止をアメリカ政府が検討していることが判明した。

ロイターなどによればポンペオ国務長官は6日に会見を開き、TikTokなどの中国製のアプリをダウンロードすることによる個人情報が、中国政府へと渡る可能性が高まっていることへの懸念を示し、「大統領の前に出て訴えたくないが、(禁止)を検討している」と述べた

また長官は「個人情報を中国共産党に渡したいと思う人だけが、TikTokをダウンロードすべき」ともコメントしている。

中国のByteDance社が運営しているTikTokは、中国政府とは距離があることを示しており、香港での国家安全法が可決後には香港での利用禁止を発表しているが、他国からの懸念は拭い切れておらず、既にインドは他の中国製アプリと一緒にTikTokを禁止した。

15秒~60秒の動画を掲載することができるTikTokは、全世界的にヒットしておりアメリカでもLil Nas Xの"Old Town Road"などTikTok発のヒットなど数えきれないほどにある。それだけに禁止されたら、また音楽市場のPR手法も一変してしまうくらいのインパクトがあるのは間違い無いだろう。

related

TikTokで活動する10代のインフルエンサーがAshantiの“Foolish”を自身の曲として発表し炎上

10代を中心に広く親しまれ、今や音楽シーンにとっても無視できないプラットフォームとなったTikTok。ビデオに使用された楽曲がバイラルヒットし、またTikTok発のインフルエンサーやセレブも多く現れている中、10代のTikTokスターがとある騒動を巻き起こしたようだ。

Monte BookerとSminoによる2015年の楽曲“Kolors”がTikTok上で突如バイラルヒット

Lil Nas Xの”Old Town Road“やRoddy Ricchの“The Box”などを例に挙げるまでもなく、TikTokをきっかけに楽曲がバイラルヒットしチャート上位を上げることはもはや当たり前の事となりつつある。中には最新の楽曲だけでなく過去の楽曲が再発見され流行を見せることもあるが、今回、シカゴのプロデューサーMonte BookerとSminoによる2015年の楽曲“Kolors”がTikTokでバイラルヒットしている。

RihannaがTikTokユーザー専用の拠点「Fenty Beauty TikTok House」を設立

ニューアルバムのリリースを待たれながら自身のブランドFenty Beautyでも大きな成果を上げているRihanna。そんな彼女が、なんとTikTok上で活動するインフルエンサー専用の拠点を設立し話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。