HellrazorがBLMのチャリティーTシャツを受注販売|ブランドとしてのステートメントも発表

HellrazorがBlack Lives Matterの抗議活動に賛同するチャリティーTシャツの受注販売をスタートした。

Hellrazorは、現在世界各地で起こっているBlack Lives Matterをはじめとする人種差別、並びに世界中の各種人権問題に対する友人らの努力を知り、勉強、理解しこの運動に参加する事を決意。このムーヴメントをブランドとして支援する為に当チャリティーTシャツの受注販売を行う運びとなった。

この売上の100%は「Black Women's Blueprint」、「Life Pieces to Masterpieces」、「The Bail Project」の3団体にドネーションとして送られる。この3団体はそれぞれ、「黒人女性の社会的地位の向上を目指すもの」、「貧困の子供に対しての未来への教育に使われるもの」、「無罪で投獄される者を助けるもの」を趣旨に活動している。


ブランドとしてのステートメントも下記の通り発表している。

私たちの声を上げることで、日本のブランドは、私たちの黒人の兄弟、姉妹、および非バイナリの兄弟が世界中でどのように扱われるかに関する意識のレベルを高めるのに役立ちます。日本人の多くはブラックカルチャーであるストリートウェアに携わっています。私たちはできるだけムーブメントを応援したいと思っています。「新世界秩序」をテーマに、文字通り世界が良くなることを願っています。

今回のT-shirtでは、ブランドロゴを使って寄付金を集めています。このロゴは特別な用途にのみ使用されます。全世界を包む人種差別の憂鬱を貫くすべての黒人の魂の中から輝く光を表すために、シルクスクリーンプリントに黒の反射塗料が使用されています。

このTシャツの売上の100%は、ブラックコミュニティの教育および文化団体に寄付されます。子どもたちの未来のために作られた新しい世界を見たいです。

尚、受注は7月5日までで、発送は7月18日からスタートとなる。

 

Info

特設ページ
https://hellrazor-online.com/en

受注ページ
https://hellrazor-online.com/pages/nwo-logo-for-black-lives-matter

related

Hellrazorが初の旗艦店「RAZE」をオープン|オープン記念で限定アイテムも発売

Hellrazor初の旗艦店であり、ギャラリー兼ポップアップスペースとしても機能するショップ・RAZE(レイズ)が三軒茶屋にオープン。

Dickies × HELLRAZOR For BEAMS Tのコラボレーションアイテムが発売

ストリートのさらなる可能性を模索し続けるBEAMS Tの呼びかけにより、 ワークウェアの象徴Dickiesと、東京に拠点を置きながら海外まで活動を広げるスケートアパレルブランドHELLRAZORのコラボレーションが、11月13日(金)よりBEAMS T展開店舗および BEAMS 公式オンラインシ ョップ、HELLRAZORオンラインショップにて発売される。

Hellrazorの2020AW LOOKが公開

東京を中心に活動し、NYでのPOPUPなど話題を呼び続けるスケートブランドHellrazorの2020AW LOOKが公開された。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。