Cardi Bが自身の体について誹謗中傷を寄せるネットユーザーに「放っておいて」とメッセージを送る

バーニー・サンダースを積極的に支持し、ここ最近では「Black Lives Matter」運動に関する積極的な情報発信も行なっているCardi B。そんな彼女に対し、残念ながら容姿や身体についての誹謗中傷の声を寄せるインターネットユーザーが存在することはこれまでも報じられてきたが、またしてもそのような行為に及ぶアンチに対し彼女が行った反論が話題を呼んでいる。

Complexによると、Cardi Bは昨日自身のInstagramに一本の動画をポスト。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leave my rolls alone

Cardi B(@iamcardib)がシェアした投稿 -

キャプションには「私の役割を放っておいて」と書かれており、動画内ではビキニに身を包んだ彼女がLouis Vuittonのバッグをフレックスしながら「お前らが、私が正方形みたいに見える編集された写真をあげてるからこのビデオを撮ったよ。昨日私が刺激的すぎる写真を上げたら、あんたらヘイターは私がPhotoshopを使ってるって主張してたけど、だから私はこうして自分のヤバい体を見せてやってる」と、先日タトゥーを見せるために彼女が撮影した写真に対し「Photoshopで修正している」とコメントをするアンチに対しメッセージを送っている。

続けて「ああ、私はこのビッチがちょっとだけ太ったことぐらい知ってるよ。だから太ももと尻をちょっとだけ一致させる必要があった。お前らビッチがアザラシみたいな体型をしてることは知ってるし、お前らの姉妹がバイソンみたいな背中をしてることも知ってるし、お前らの母親がセイウチみたいな体型だってことも知ってる…私をボディシェイミングする資格が無いってこともね」と、自身の体を揶揄するネットユーザーの体型を様々な語彙を用いながら不敵に罵倒した。

自身のセクシーな写真をアップすることが多い彼女は、パンチの効いた言動と相まってヘイターから体や容姿についての揶揄や暴言を浴びせられてしまうことが多い。当然他人の身体について軽はずみな発言を行うことは絶対にやってはならないほど失礼な行為であり、そのようなインターネットマナーが一般的な物となってしまっている現状に対しても頭が痛いと言う他ないが、そのようなアンチたちに対して強烈なパンチを与える彼女の強さは流石と言うべきだろう。ただし、もちろん彼女やそれ以外の女性に対し容姿や体型についての暴言を吐くことは絶対にやめておくべきだ。

related

ReebokとCardi Bのコラボコレクションから初のウェアが登場|コラボClub Cも

Reebokグローバルアンバサダーを務め、世界的に活躍する新進気鋭のラッパーCardi Bとのコラボレーションコレク ショ『Reebok × Cardi B』より、初のアパレル展開となる『Summertime Fine Collection』と、人気シューズClub C Cardiの新作モデルが、4月24 日(土)より発売される。

Cardi Bがコメディ映画『Assisted Living』の主演を務めることが明らかに

昨年もMegan Thee Stallionとの“WAP”が大ヒットするなど大活躍を見せたCardi B。そんな彼女が、映画界でも大スターになろうとしているようだ。

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。