アメリカ政府の支援無しには全米のインデペンデントなライブ会場の90%が数ヶ月以内に閉鎖されるという予想が発表

新型コロナウイルスの世界的なパンデミックによって、音楽業界も深刻な経済的打撃を受けている昨今。中でもライブやクラブイベントを開催するライブハウスやクラブが受けているダメージは計り知れないが、そんな中アメリカのインデペンデントなヴェニューが陥っている深刻な状況を実感させられる調査結果が発表された。

mixmagの記事によると、全米の約2000の独立系ライブ会場による「National Independent Venue Association」が実施した調査の結果、同協会に加入しているライブ会場やクラブのうち90%が政府による助成金無しでは数ヶ月以内に閉鎖に追い込まれるとする文書を発表。

声明には「独立系のヴェニューは最初に閉鎖しましたが、営業再開は最後になります。会場の収益はゼロですが、住宅ローンや家賃、請求、ローン、税金、保険などの債務は継続しています。当面の間、従業員に提供出来る仕事はありません。営業停止は無期限で、再開は最終段階である2021年にまで持ち越される可能性が高いでしょう。キャパシティを部分的に用いた営業は、家賃、光熱費、人件費、税金、保険料、アーティストの人件費などの理由から経済的に不可能です」と現状が説明されており、また先述の調査結果を踏まえた上で、「#SaveOurStages」のスローガンのもと政府に対し助成金の発行を求めている。こちらのサイトにはLady GagaやAndre 300からNeil YoungやPatti Smithまで様々なミュージシャンによる署名も同時に掲載されている。

ライブ会場が深刻な危機に陥っている現状はアメリカだけでなくここ日本でも身近な問題であり、政府による休業補償もあまりに遅いスピードと出し渋りによって十分に行き渡っていない。ライブ会場やクラブがカルチャーにおいてどれだけ大きな存在かという点は言うまでも無いが、音楽ファンそれぞれが可能な限りの様々なサポートを行なってゆくほか無さそうだ。

related

PHINGERINの新アイテム「マスクケーブル」が大好評で全国展開をスタート

PHINGERINは3月にオリジナルのパジャマの残生地を使ってマスクを制作、自身のオンラインショップで販売し大きな反響があった。これは元々秋冬で展開する予定のアイテムだったが、新型コロナウイルスの感染状況もあり、急遽販売したものだった。

コロナ時代の「ライヴエンターテインメントの行方」を探る特番がSUPER DOMMUNEで開催

SUPER DOMMUNEで7/7(火)に新型コロナウイルス以降の時代における、真に有効な文化支援のあり方について実践的な議論を行う生番組『ライヴエンターテインメントの行方』が放送される。

clubasia存続支援コンピレーションアルバム『sound leakage 2020』がリリース|Masayoshi IimoriやTomggg、長谷川白紙など全30組が参加

株式会社カルチャー・オブ・エイジアが運営するクラブ/ライブハウスLOUNGE NEO、Glad、VUENOSの閉店を受け、同社が運営を続ける予定となっているclubasiaの存続支援コンピレーションアルバム『sound leakage 2020』がリリースされた。 Masayoshi Iimo...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。