BEAMSからTIMEX 『CLEAR COLLECTION』の第2弾が登場

BEAMSから、昨年好評を博した『CLEAR COLLECTION』第2弾が登場。

ブランドを代表するモデル・オリジナルキャンパーと、クラシックデジタルに、ブラックのスケルトンを落とし込み、遊び心がありながら都会的な印象に仕上がっている。

オリジナルキャンパーは、BEAMSで黒文字盤タイプを、BEAMS BOYで白文字盤タイプを展開される。それぞれ昨今ファッションシーンでトレンドの一つである「スケルトン」を落とし込むことで今までのそれらとは一味違う雰囲気に昇華した。

普段使いからアウトドアシーンまで、またペアでも楽しむことができるスペシャルアイテムである。

オリジナルキャンパー(黒文字盤) TIMEX×BEAMS / ¥12,500+tax
オリジナルキャンパー(白文字盤)/TIMEX×BEAMS BOY / ¥12,500+tax
クラシックデジタル(黒文字盤) / ¥12,000+tax

 

Info

発売日
7月10日(金)

受注開始日
6月12日(金)12:30~

www.beams.co.jp

related

EASTPAKの名作をアップデートした『PADDED PAK’R DOUBLE XL SP』が登場

BEAMS40周年時に、インラインでも展開のない大きいサイズにアップデートされ話題を博したEASTPAKの定番『PADDED PAK’R』(パデットパッカー)。

90年代に作られたClarks ORIGINALSの隠れた名作を アップデートした『Desert Rock GTX』の第二弾が発売

1990年代に作られたClarks ORIGINALSの隠れた名作『Desert Rock』。前回、GORE-TEX®仕様にアップデートされ好評を博した別注ブーツの第二弾がBEAMSから発売される。

SWEET YOYO T'SによるPOP UP第二弾がビームス T 原宿とビームス ストリート 梅田で同時開催 | SERGIO TACCHINIとのコラボアイテムも発売

日本のハードコアシーンの重要レーベルBOWL HEAD incのオーナーTOMEと、ストリートアートをバックボーンに持つブルックリン生まれのブランドWiniche&Co.のデザイナーWINによるジョイントプロジェクト、SWEET YOYO T'SがPOP UP第二弾をビームス T 原宿とビームス ストリート 梅田で11/6(金)から同時開催する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。