ビームス 原宿がビジュアルブックを制作 | 初回の更新では70’Sのエッセンスを組み込んだファッションストーリーを展開

これまでも「NEW PAPER」と題したタブロイドや原宿店に特化したサイト「HARAJUKU BEAMS」を立ち上げるなど、独自のプレゼンテーションを行ってきたビームス 原宿。今シーズンはBEAMSが見ている今のトレンド、新ディレクターの吉川が発信したいスタイルや気分を表現したビジュアルブックを制作した。

店舗はもちろんのこと原宿のとんちゃん通りの広告とも連動して、原宿全体でBEAMSが発信したいメッセージを伝える。

また誌面の内容を各コンテンツに分け、HARAJUKU BEAMSのサイトでも更新。本日の更新では、スタイリストに高橋ラムダ、フォトグラファーに岡本充男を起用し、今BEAMSが注目している70'sのエッセンスを組み込んだファッションストーリーをオリジナルウェアを軸に制作した。

Info

https://www.beams.co.jp/special/harajuku/

ビームス 原宿の営業が再開した際には、店頭で商品を購入した方には数量限定で本ビジュアルブックがプレゼントされる。

CREATIVE DIRECTION: KUNICHI NOMURA (tripster)
ART DIRECTION & DESIGN: YUKIO SUGAYA
EDIT: MASATO SHINMURA
BEAMS MENS DIRECTOR: MOTOKI YOSHIKAWA

related

BOW WOW × BEAMSのコラボでヴィンテージにフォーカスしたスウェットが登場|ヴィンテージ古着も期間限定販売

90年代の空気感を色濃く残し、独自のフィルターを通して体現していくブランドBOW WOW(バ ウワウ)の、BEAMS別注スウェット第2弾が、9月17日(金)よりビームス原宿にて発売される。

SALOMONのベストセラーモデルのリメイク作XA PRO 1 GORE-TEXがBEAMS別注で登場

アウドアアクティビティのみならず、近年世界中のファッションシーンでも人気を博すSALOMONによる、BEAMS別注第4弾としてXA PRO 1 GORE-TEXが登場。

ReebokとBEAMSのコラボモデルClub C Laceless Muleが登場

ReebokとBEAMSのコラボレーションにモデルClub C Laceless Muleの、9月25日(土)の店頭発売に先駆けた、9月1日(水)12時よりBEAMS公式オンラインショップにて先行予約がスタートする。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。