2ndアルバムを制作中のKMがTaeyoung Boyをフィーチャーしたニューシングル"i"をリリース

ヒップホップに根ざした音楽スタイルを保ちつつ、異ジャンルとの果敢なクロスオーバーを試みる制作姿勢が常に話題になる音楽プロデューサーKMが、本日Taeyoung Boyを迎えたニューシングル"i"をリリースした。

最近では(sic)boyとのEP『(sic)'s sense』や田我流とのEP『More Wave』などをリリースしてきたKM。2018年のアルバム『Fortune Grand』以来となる自身名義のリーダー作品には、プロデュースを何度も手がけるなどKMのエモーショナルなトラックに親和性の高いTaeyoung Boyを客演に迎えている。

新型コロナウイルスの影響で見えない圧が重くのしかかる世の中で、自分の音楽に没頭する両者による潔い楽曲となっている。

「僕は本気で作品と向き合うと、自然と「不安」とか「怒り」がテーマになってしまいます。
それが社会に対してなのか、自分に対してなのかは分かりません。メロディーはいつも通り優しいけれど、最後には、そういう皆が感じている行き場のない感情が涙になって、ガラスのように尖ってバラバラと降り注ぐイメージ。こんな世界になっても、皆の心に届いてくれたら嬉しいです」(KM)

Info

リリース情報:
Artist: KM
Title: i (feat. Taeyoung Boy)
Label: Mary Joy Recordings
Release Date: 5/13/2020
各ストアにて配信中: https://kmmusicworks.lnk.to/i_single

related

AKLOとKMによるコラボ曲"Muscle Memory"がリリース | eSports × エンタメの融合イベント『SoulZ』のタイアップ

eSports×エンターテイメントの融合イベント『SoulZ』の初のオフラインでの開催を記念して、AKLOとKMによるコラボ曲"Muscle Memory"が8/20(土)にリリースされる。

Crystal KayがDaichi Yamamotoとのコラボ曲"Gimme Some"をリリース | プロデュースはKM

Crystal KayがDaichi Yamamotoとのコラボ曲"Gimme Some"を7/6(水)にリリースする。

【フォトレポート】『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫を舞台に開催された『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』。日本最大級のアーバンスポーツの祭典と銘打たれ、日本人選手の活躍で一躍人気となったスケートボードやBMX、今新たに注目されているブレイキンやパルクールなど、全6種目の世界的プレーヤーたちが一堂に会したこのイベント。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。