HELLY HANSENとBEAMSのコラボコレクション第四弾 | フィッシングアイテムをタウンユースに

リリースされるたびに好評のHELLY HANSENとBEAMSコラボコレクション第四弾が5/15(金)に発売となる。今回はHELLY HANSENが展開するフィッシングカテゴリー「HELLY HANSEN ANGLER(ヘリー ハンセン アングラー)」へ別注を依頼し、アウトドアシーンからタウンシーンまでを彩る4アイテムを展開。

『Angler Vest』 Price:¥17,000+TAX Color:Black, Orange, Sage Size:S, M, L, XL

『Angler Vest』はフロントに3つの大容量ポケット、バッグにフラップ付き大型ポケットをそれぞれ設置。また、両サイドにはボトルを収納できるドローコード付きのポケットも存在するので、バッグを持つことなく、様々なアイテムを持ち運びが可能だ。また裏地や細部に起用した淡いパープルがファッション性を高める一方、ボディにはショーツとハットと同様の撥水性の高いナイロン、胸元のラインには反射素材を使用し、実用性も確保されている。

『Angler Shorts』Price:¥8,000+TAX Color:Black, Sage Size:S, M, L, XL

マチ付きで深さもある左右の大きな腰ポケットに隠しポケットが存在する『Angler Shorts』は、合計6つのポケットが配備されているので、こちらも収納力は抜群だ。シルエットはBEAMSらしいオーバーサイズ。

『Angler Hat』 Price:¥5,500+TAX Color:Black, Sage Size:One Size
『Bass Tee』 Price:¥6,000+TAX Color:Black, White Size:M, L, XL

型から製作した『Angler Hat』は完全オリジナル。前側が低く、後ろ側が高い特徴的な設計で、着用した際には自然と斜めにかぶったように見える。夏場に欠かせない『Bass Tee』も背面には、日本のフィッシングフィールドを代表するブラックバスをプリントしており、フィッシングアイテムとの親和性もある。そして、どのアイテムにもBEAMSのコーポレートカラーであるオレンジのHHロゴをデザインし、アクセントをプラスしている。

related

DAIRIKUとBEAMSのコラボアイテムが登場 | 発売を記念してAge Factoryのライブも開催

先月からビームス 原宿を舞台に開催されているPOP UP『FUTURE ARCHIVE』。

BARBER SAKOTAのPOP UPがビームス ジャパンで開催 | PUMAとBEAMSとのコラボスニーカーも

東京・下高井戸にあるバーバーBARBER SAKOTAのポップアップが7/9(土)からビームス ジャパンで開催される。

玉野競輪がBEAMS MEN SHIBUYAでPOP UPを開催|中津川吾郎(MIN-NANO)のグッズやアーティストコラボアイテムをリリース

岡山県玉野市にある70年以上の歴史を持つ玉野競輪が、3月26日(土)の日本初となるホテル併設型競技場としてのリニューアルオープンを記念し、3月18日(金)よりBEAMSMENSHIBUYAにて、玉野競輪によるPOP UPを開催する。 アーティストやメーカー、ブランドとのコラボレーションライン...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。