Island State Musicから現役高校生ラッパーKohjiyaがデビュー|デビューシングル"17!!"をリリース

Shurkn PapやMALIYAを擁する新税クリエイティヴプロダクションIsland State Musicから、現役高校生ラッパーのKohjiyaがソロデビューする。

Kohjiyaは長崎在住の現役高校生ラッパー/グラフィックデザイナー。これまでに自身が所属しているラップグループMADz’sでの活動の他に客演参加した"Can’t take back"や"Cloud 9"がヘッズの中で話題になるなど、徐々に注目を集めており、tofubeatsが選曲を担当する資生堂の『花椿アワー』に楽曲を取り上げられるな、至る所で実力を示してきている。

デビュー曲となる"17!!"は「イケてる17歳」がテーマで書き下ろされており、10代のフレッシュなエネルギーを音楽で表現した楽曲となっている。なおシングル配信は5月8日からとなっておりそれに伴い本日TeaserがYouTubeにて公開となった。

 

Info

Kohjiya - "17!!"

https://linkco.re/0n37PB1g

Twitter
https://twitter.com/Kohjiya_

Instagram
https://instagram.com/kohjiya?igshid=5d3bplo9hirz

RELATED

【インタビュー】Kohjiya 『KJ SEASON』| 楽しくないと続けられない

IOやKEIJUの作品に参加したことで注目されている気鋭のラッパー・Kohjiyaがミニアルバム『KJ SEASON』をリリースした。

Kohjiyaが雪にインスパイアされた新曲"Josetsusha!"のミュージックビデオを公開

ミニアルバム『KJ SEASON』も好調なKohjiyaが、早くも新曲"Josetsusha!"をリリースしミュージックビデオを公開した。

『POP YOURS』のNEW COMER SHOT LIVEでJAKEN、Kohjiya、L.O.S.T、CFN Malik、lil soft tennis、swetty、taroが発表

ヒップホップフェスティバル『POP YOURS』の第4弾出演者としてNEW COMER SHOT LIVEの7組が発表された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。