KOJOEがRudebwoy Faceを客演に迎えた"No Woman No Cry"をリリース

KOJOEが早くも今年5作目となる最新シングル"No Woman No Cry (feat. Rudebwoy Face)"を本日4/29(水)にリリースした。

今作は2月にリリースされた、Olive Oilとの再タッグにして、Bob Marleyの名曲をカバーした"No Woman No Cry"を更にアップデートさせた楽曲で、レゲエシーンから盟友Rudebwoy Face、プロデュースに福岡を拠点に活躍するビートメイカーでプロデューサーチームADD CREATIVEとしても活動するNARISKを迎えた楽曲。

NARISKによるメロウなダンスホールサウンドにKOJOEのスモーキーでいて暖かな歌声とRudebwoy Faceの確かなスキルとBob Marleyへのリスペクトが感じられる楽曲になっている。

Info

最新シングル「No Woman No Cry (feat. Rudebwoy Face)」
https://linkco.re/X7hSz383

related

KOJOEがNY時代に制作した未発表ビートアルバム『Queens Bound』をリリース

KOJOEがビートテープアルバム『Queens Bound』を本日リリースした。

KojoeとNARISKによる新曲"GOLD"がリリース | ウィルチェアーラグビー日本代表の応援ソング

KojoeとビートメイカーのNARISKによるコラボ曲"GOLD"が、本日7/23(金)にリリースされた。

ISSUGIと仙人掌がKOJOEプロデュースのシングル“This for ma..”をリリース

ISSUGIと仙人掌 が、KOJOEプロデュースのシングル“This for ma..”を本日リリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。