French Montanaが「俺はKendrick Lamarよりもヒット曲の数が多い」と発言しInstagram上でのバトルを計画|なぜかYoung Thugが横槍を入れる

新型コロナウイルスによる自宅待機の中、Insgtagramライブを用いた配信が人気を増しつつある昨今。ヒップホップシーンではSwizz BeatzとTimbaland、Scott StorchとMannie Freshらによるビートバトルが大きな盛り上がりを見せた。そんな中、French Montanaもバトルの流れに乗ることを考えているようだ。

XXLによると、French Montanaは今週火曜日に自身のTwitterにて「アンセムってことについて考えたら、俺とKendrickのヒット曲の数を比べてみると、俺は勝てるんじゃないかと思ってる。俺は長い間ヒットを出してきた。自分を信じたっていいだろ。」と発言。ヒット曲の数という観点であれば自身がKendrick Lamarにも勝っているのではないか、という強気な見方を示した。

その後彼はInstagramにKendrickと対戦する際のセットリストを思われる20曲のリストを公開するなど、戦う気満々の様子を見せ続けている、

 

この投稿をInstagramで見る

 

Since this is A Amnesia game lol HERES MY FIRST 20 JOINTS BEFORE I DIG THROUGH THE OTHER 21 mixtapes FOR 20 more French vs ........... lol ? #thatsafact 🗽🌊💨 !

French Montana(@frenchmontana)がシェアした投稿 -

そこに何故か登場したのがYoung Thug。彼はFrench MontanaのInstagramストーリーに「バカ野郎、Kendrick Lamarよりもヒット曲の数が多いって?」とコメントを残したようで、当然腹を立てたFrench Montanaはスカートを履いたYoung Thugの写真を投稿(現在は削除)。「関係無いのに入って来て、French Montana VS Young Thugの勝負がしたいようだな」と応戦しており、いよいよプロレス的な気配が強まることとなった。

これらの騒動に対してKendrick Lamarからのリアクションはもちろん無いが、果たしてFrench Montanaと誰かのInstagramライブバトルを観ることは出来るのだろうか?

related

Lil DurkがミームとなったYoung Thugとの画像について詳細を明かす

2年ほど前、コラボ曲を制作していたYoung ThugとLil Durkがパソコンを見つめる画像がインターネットミームとして流行したことを覚えているだろうか?Young Thugの神妙な面持ちとLil Durkのポカンとした表情がなんとも可笑しいこの画像は現在でもしばしばTwitter等で用いられているが、今回、Lil Durkが画像についてのSNS上の声に反応した。

Young Thugの愛犬Ms Tootieが亡くなる|タトゥーを腕に彫ることで追悼

先日はPop Smokeの遺作『Shoot For The Stars Aim For The Moon』収録曲への参加で話題を呼び、またTravis Scottとのコラボも噂されているYoung Thug。そんな彼のSNSにしばしば登場していた愛犬Ms Tootieが先日この世を去ってしまったことが報じられている。

Travis Scottが自身のラジオ番組でBig SeanやYoung Thugとコラボした新曲3曲を初披露

先日はKanye Westの新曲“Wash Us In The Blood“に参加したことでも話題を呼んだTravis Scott。そんな彼が、自身のラジオ番組.wav Radioの最新エピソードを約2年ぶりに公開。そこで、Big SeanやYoung Thugとのコラボ曲となる新曲たちを初披露した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。