Diaspora skateboards x GUCCIMAZEのコラボレーションアイテムが登場

Diaspora skateboardsが、GUCCIMAZEとのコラボレーションアイテムを発売した。

GUCCIMAZEは、独特なシェイプのタイポグラフィや、鮮やかかつダークさの漂う色彩のグラフィック制作で、Nicki MinajやPost Malone、Fetty Wap、Flying Lotusなどにも作品を提供する人気デザイナー。

Diaspora skateboards x GUCCIMAZE SYMBIOSIS Tee Limited color for SSW / ¥6,000+tax
DISCO Tee / ¥6,000+tax
skateboards x GUCCIMAZE SYMBIOSIS Tee Limited design for SSW / ¥6,000+tax

また、発売に伴い渋谷PARCO 3F SSWにて、POP UP STOREを4月12日(日)まで開催している。

POP UP STOREでは、Diaspora skateboardsが1月に発表したフルレングスビデオ『SYMBIOSIS』の完成を記念し、GUCCIMAZEがグラフィックを手掛けた限定アイテムの別注カラーをはじめとするグラフィックTシャツのほか、Diaspora skateboardsの2020 SSシーズンのインラインアイテムを販売している。

 

Info

『Diaspora skateboards x GUCCIMAZE POP UP Store』

PLACE
PARCO Shibuya 3F SSW

DAY
2020.3.24(Tue) - 4.12(Sun)
※会期延長につきフライヤーと日程が異なります

ITEM
・Diaspora skateboards x GUCCIMAZE SYMBIOSIS Tee Limited color for SSW (¥6,000 +tax)
・DISCO Tee (¥6,000 +tax)
・Diaspora skateboards inline item
Half zip football top( ¥23,000 +tax )
Somewhere hooded sweatshirt ( ¥13,000 +tax )
Long letter quarter zip sweatshirt ( ¥12,000 +tax )
Citizen Crewneck sweatshirt( ¥13,000 +tax )
Trouser( ¥16,000 +tax )

related

Diaspora skateboardsとCarServiceのPOP UPがAPPLE BUTTER STOREで開催

東京を拠点とするスケートレーベルDiaspora skateboardsと、カーカルチャーとファッションの融合を掲げ、自動車を取り 巻く様々な文化からインスピレーションを受けたアイテムを提案するプロダクトレーベルCarServiceのコラボPOP UPが今週末開催される。

CrocsとGUCCIMAZE、原宿のうどん屋“麺散”とのトリプルコラボレーションが実現

Crocsが昨年11月に数量限定でリリースされ話題となったGUCCIMAZEとのコラボレーション 『GUCCIMAZE®︎ JIBBITZ TOKYO』コレクションを 3 月 30 日(水)より限定店舗にて発売。今回の発売に際し、GUCCIMAZE本人も通う原宿の讃岐うどん屋“麺散”とのトリプルコラボレーションが実現。麺散店舗前にてだし巻きドッグを提供するキッチンカー「ONE」が、3 月 30 日~4 月 1 日の 3 日間限定でSpecial Car Storeとなってオープンする。

Diaspora skateboardsの2022 SSのLOOKが公開

Diaspora skateboardsによる2022 SSのLOOKが公開となった。 本コレクションでは、Diaspora skateboardsらしいオーセンティックでクリーンなアイテムを中心にラインナップ。リバーシブル仕様のボーダーTシャツや、ダービージャケットのような切り替え...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。