Diaspora skateboards x GUCCIMAZEのコラボレーションアイテムが登場

Diaspora skateboardsが、GUCCIMAZEとのコラボレーションアイテムを発売した。

GUCCIMAZEは、独特なシェイプのタイポグラフィや、鮮やかかつダークさの漂う色彩のグラフィック制作で、Nicki MinajやPost Malone、Fetty Wap、Flying Lotusなどにも作品を提供する人気デザイナー。

Diaspora skateboards x GUCCIMAZE SYMBIOSIS Tee Limited color for SSW / ¥6,000+tax
DISCO Tee / ¥6,000+tax
skateboards x GUCCIMAZE SYMBIOSIS Tee Limited design for SSW / ¥6,000+tax

また、発売に伴い渋谷PARCO 3F SSWにて、POP UP STOREを4月12日(日)まで開催している。

POP UP STOREでは、Diaspora skateboardsが1月に発表したフルレングスビデオ『SYMBIOSIS』の完成を記念し、GUCCIMAZEがグラフィックを手掛けた限定アイテムの別注カラーをはじめとするグラフィックTシャツのほか、Diaspora skateboardsの2020 SSシーズンのインラインアイテムを販売している。

 

Info

『Diaspora skateboards x GUCCIMAZE POP UP Store』

PLACE
PARCO Shibuya 3F SSW

DAY
2020.3.24(Tue) - 4.12(Sun)
※会期延長につきフライヤーと日程が異なります

ITEM
・Diaspora skateboards x GUCCIMAZE SYMBIOSIS Tee Limited color for SSW (¥6,000 +tax)
・DISCO Tee (¥6,000 +tax)
・Diaspora skateboards inline item
Half zip football top( ¥23,000 +tax )
Somewhere hooded sweatshirt ( ¥13,000 +tax )
Long letter quarter zip sweatshirt ( ¥12,000 +tax )
Citizen Crewneck sweatshirt( ¥13,000 +tax )
Trouser( ¥16,000 +tax )

related

Diaspora skateboardsとMORTARがショートクリップを公開|BGMにJJJの未発表インスト楽曲"Living"を起用

Diaspora skateboardsが、渋谷のスケートショップMORTAR TOKYOとコラボレーションしたカプセルコレクションのリリースに伴い、それぞれの所属ライダーとフレンドが出演するショートクリップを公開した。 https://www.youtube.com/embed/wML2...

Diaspora skateboardsがMORTARとのカプセルコレクションをリリース|渋谷PARCOで1日限りのPOP UPを開催

Diaspora skateboardsが、渋谷のスケートショップMORTAR TOKYOとコラボレーションしたカプセルコレクションをリリースする。 2度目のチームアップとなる今回は、レンチキュラーという特殊な技法を用い、見る角度によって両者のロゴがスイッチするプリントを施したクルーネックス...

FNMNLがフリーマーケットイベント『Needful Things』を渋谷PARCOで来週開催

FNMNLが渋谷PARCO 2周年記念のイベントの一環としてフリーマーケットイベント『Needful Things powered by STORES』を11/21(日)に開催。会場は渋谷PARCO 10FのスペースComMunEだ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。