Thundercatが「ニートtokyo」のインタビューでKendrick Lamarの新作に参加していることを明かす

ニューアルバム『It Is What It Is』を4月にリリース予定のThundercat。先行曲“FairChance”や“Dragonball Durag”も話題となっている彼が、日本のインタビューメディア「ニートyokyo」に登場した。

『ケンドリック・ラマーとの仕事体験』と題された動画の中で、彼は「新しいアルバムでも少しやったよ」「ケンドリックは今でもそうだしこれから我々世代のクリエイティブなアーティストの希望の星になると思うよ」と、Kendrickのアップカミングな新作に参加していることを明かしている。

名盤『To Pimp A Butterfly』にも参加しているThundercatは、「彼がアーティストとして自分にすごい影響があったんだ。あの人ともっと作品を作れる時間が欲しいよ。くれるエネルギーがすごいんだ」「ケンドリックと仕事をしてる時はすごく楽しくて、毎回スタジオに行く度に彼が何を言っているのか、彼がただくしゃみをしているだけでもそれを聞きたい感じだったよ。それがどういう意味か知りたいからさ」と、彼との制作を振り返っている。

2017年のアルバム『DAMN.』に続く3年ぶりの新作を今年リリースする、という噂もあるKendrick Lamar。以前から制作が進んでいるという報道はあったが、Thundercatが参加した楽曲がどのようなものに仕上がっているか今から楽しみが膨らむばかりだ。

「ニートtokyo」ではThundercatのインタビュー動画が既に3本公開されている。盟友Flying LotusやコメディアンのZack Foxとの出会い、「ニートtokyo」では定番の「好きな銘柄」など貴重な内容が多く語られているので、ファンの方は要チェックだ。

related

Thundercatが自身の名前の由来となったアニメ『ThunderCats』に楽曲提供して夢を叶える

最新作『It Is What It Is』も話題となったThundercatが、夢を叶えた。   日本のアニメやゲームにも精通していることで知られる彼が、自身の名前の由来となった大ファンのカートゥーン作品『ThunderCats』に楽曲提供をすることになった。このトラッ...

Kendrick Lamarが地元コンプトンのBLMデモに参加

ジョージ・フロイドさんが警察による不当な暴力の末に命を落とした事件をきっかけに全世界で大きな盛り上がりを見せる「Black Lives Matter」ムーブメント。そんな中、“alright”が「Black Lives Matter」のアンセムとも言える楽曲になるなど深い関係を持ちながらこれまでSNS等での発信を行なってこなかったKendrick Lamarが、地元コンプトンでのデモに参加していたことが明らかになった。

Kendrcik LamarとJ. Coleのコラボプロジェクトの噂をTDEのトップが否定

長い間リリースの噂が囁かれ続けているKendrick LamarとJ.Coleのジョイントプロジェクト。たびたび実現を仄めかすような情報が内部から出てくることでファンの間でも期待が広がっていたが、そんな二人のコラボアルバムについてKendrick Lamarの所属レーベルTDEのボスが明確に否定を行っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。