JAZZY SPORTのPOP UPがBEAMS MEN SHIBUYAにて開催|hummelとBEAMS Tとの限定アイテムも

「リアルミュージックとスポーツの融合」というコンセプトのクリエイティブクルーJAZZY SPORTのPOP UPがBEAMS MEN SHIBUYAにて3/20(金)より開催される。

東京、盛岡、京都に構えるレコードショップを拠点に、レーベル兼プロダクションとして活動するJAZZY SPORTと繋がりがあり、田我流のアルバム『Ride On Time』のジャケットデザインを手がけたNEHANBROWNと、同じく田我流のミックスCD『HOLY NATURE』のジャケットデザインを手がけたOGWDSGNがそれぞれデザインした別注Tシャツ、ロングスリーブTシャツを展開。

また、同時に発売されるデンマークのスポーツブランドhummelとBEAMS Tとのエクスクルーシブラインは、リフレクターのギミックを効かせたスペシャルコレクション。Tシャツ、フットボールTシャツ、フーディー、コーチジャケット、パンツの5型をラインナップ。

JAZZY SPORT×BEAMS T / 左:¥8,800+tax / 中:¥5,500+tax / 右:¥5,800+tax
hummel×JAZZY SPORT / コーチジャケット¥17,000+tax / パンツ¥12,000+tax / フーディー¥12,000+tax / フットボールTシャツ¥6,700+tax / Tシャツ¥5,800+tax

いずれもPOP UP期間内はBEAMS MEN SHIBUYAのみでの発売となる。

 

Info

『JAZZY SPORT POP UP SHOP at BEAMS MEN SHIBUYA』

3/20(Fri)-3/29(Sun)
東京都渋谷区神南1-15-1 1F・2F

related

HELLRAZOR × Dickies for BEAMS Tコラボ第2弾が昨年に続き登場

BEAMS Tの呼びかけにより、Dickiesと、東京に拠点を置きながら海外まで活動を広げるスケートアパレルブランドHELLRAZORのコラボ第2弾となるコレクションが、12月3日(金)よりBEAMS T展開店舗、BEAMS 公式オンラインショップ、HELLRAZORフラッグシップストアRAZE、...

BEAMS Tが20周年記念し合同アートショーを開催|長場雄、花井祐介、河村康輔、ナイジェルグラフ、UND、HIROTTON、Yabiku Henrique Yudiなどが参加

2001年に「ART FOR EVERYDAY」をテーマに掲げ誕生したTシャツ専門のレーベル BEAMS Tが、今年で20周年を迎える。その周年を記念し、ビー ムスT 原宿にて記念イベントを開催する。

『アサシン クリード』などで知られるユービーアイソフトとビームスTのコラボレーションアイテムが発売 | FACE、SHINKNOWNSUKE、小田原愛美、TEITOなどが参加するゲームチーム「DHC」がデザイン

『アサシン クリード』、『ウォッチドックス』などで知られるフランスの独立系ゲーム会社ユービーアイソフトとビームスTのコラボレーションアイテムが発売される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。