Beats by Dr. Dreから長時間の連続再生に耐える『Powerbeats』を発売

Beats by Dr. Dreから、新モデル『Powerbeats』が3/19から発売中だ。

新たに発売される『Powerbeats』は、Powerbeats Proの迫力サウンドと洗練されたイヤーフックデザインを受け継いだ、ネックバンドのモデル。フル充電で15時間のバッテリー持続時間と、長時間の連続再生に耐える仕様だ。またパフォーマンスのために人間工学に基づき、ケーブルはイヤーフックの後ろから首の周りを流れるように配線されており、ケーブルの長さも最適化され、動きが制限されることもない。ハウジングが強化され、液体の侵入箇所が少なくなったことで、Powerbeatsの耐汗/防沫性能もアップしている。

さらにイヤーバッドのボタンで音楽再生をコントロールでき、2つのビームフォーミングマイクで高品質な通話性能をキープでき、Apple H1チップによって、iCloudデバイスとのペアリングや切り替えがよりスムーズになるなど、より使いやすくなっている。
『Powerbeats』は、日本では3/19(木)よりApple Online store、アップルストア、Beats正規販売店にて、¥14,800(税別)で発売される。カラーは、ブラック、ホワイト、レッドの3色。

related

Beats by Dr. DreがワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォンBeats Fit Proを発売

Beats by Dr. DreからアクティブなライフスタイルのためにデザインされたワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォンBeats Fit Proが発売される。カラー展開はストーンパープル、セージグレイ、Beats ホワイト、Beats ブラックの計4色で、日本では2022年初旬よりApple.com で取り扱いが開始される。

BeatsとA-COLD-WALLがブルータリズム建築にインスパイアされたコラボモデルを発売

Beats by Dr. Dreとサミュエル・ロスが手がけるA-COLD-WALLが、ワイヤレスヘッドフォンBeats Studio 3 Wireless のリミテッドエディションを発売する。

Beats by Dr. Dreから新たなワイヤレスイヤフォンBeats Studio Budsが発売

Beats by Dr. Dreから、新たな完全ワイヤレスイヤフォンBeats Studio Budsが発売される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。