Beats by Dr. DreがワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォンBeats Fit Proを発売

Beats by Dr. DreからアクティブなライフスタイルのためにデザインされたワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォンBeats Fit Proが発売される。カラー展開はストーンパープル、セージグレイ、Beats ホワイト、Beats ブラックの計4色で、日本では2022年初旬よりApple.com で取り扱いが開始される。

Beats Fit Pro はウィングチップデザインにより激しいトレーニング中でも耳にしっかりとフィットし、快適で安定した着け心地が続く。独自のウィングチップは何千もの耳を測定してデジタルモデル化されたもので、硬いコアを柔らかくしなやかな素材で包み込んだイヤーバッドの形状が、あらゆる耳の形にフィットする。

新しいトランスデューサーを採用し、革新的なベントシステムにより柔軟な振動板全体で高音域の歪みが最小限に抑えられ、小さなフォームファクターで優れたサウンドが実現される。この音響構造とBeats独自の優れたチューニングの組み合わせが、周波数カーブ全域で迫力あるダイナミックレンジとクリアなサウンドをもたらす。

また、3 種類のリスニングモードで、ノイズを自由にコントロールすることが可能。アクティブノイズキャンセリング(ANC)モードと外部音取り込みモードをイヤーバッドの「b」ボタンで簡単に切り替えることが出来るほか、ANC と外部音取り込みモードの両方をオフにするとアダプティブイコライゼーションが有効となり、Apple のコンピュテーショナルオーディオを搭載した左右のイヤフォンの内向きマイクがユーザーが聴いているものを測定、耳の形に合わせて低周波数と中周波数が自動的に調整される。

ダイナミックヘッドトラッキングによる空間オーディオでは、5.1、7.1、ドルビーアトモスで録音されたコンテンツを、あたかも劇場にいるかのような感覚で楽しめる。Beats Fit Pro と iPhone(または iPad)の両方のジャイロスコープと加速度センサーが頭とイヤフォンの動きを追跡し、動きのデータ(モーションデータ)を比較。頭が動いても音が頭の周りに配置されるよう調整される。

Beats Fit ProはClass 1 Bluetooth®テクノロジーを採用しているため、通信範囲が広く、ペアリング元のデバイスを体のどこに身に付けていても、音の途切れが少ない安定した接続が得られる。

また、イヤフォンを装着/脱着する光学センサーが耳との接触を感知し、コンテンツが自動再生/一時停止される。「b」ボタンを使用して音楽のコントロール(一時停止/スキップ/戻る)、通話のコントロール、リスニングモードの切り替えを行うことが出来る。通話中は音声を検知するデュアルビームフォーミングマイクに加えて、内部マイクおよび音声加速度センサーが周囲のノイズをカット。自然な感覚で通話が可能となる。

Apple H1 チップ搭載で、ワンタッチペアリング、ベストフィットに調整できる装着状態テスト、iCloud 登録デバイス間での自動切り替え、オーディオ共有、「Hey Siri」へのハンズフリーアクセス、iOS の「探す」機能など、iPhone ユーザーにシームレスなエコシステムエクスペリエンスが提供される。

また、バッテリー駆動時間の長さも特徴。ANCまたは外部音取り込みモードがオンの場合、左右のイヤーバッドで最大 6 時間の再生が可能です。USB-Cで充電できるポケットサイズの充電ケースを使用すればさらに21時間の再生が可能で、バッテリー駆動時間は合わせて27時間となる。アダプティブイコライゼーションモードの場合、左右のイヤーバッドの再生時間はそれぞれ7時間、ケースを使用した場合は合わせて30時間に。バッテリー残量が少なくなっても、Fast Fuel機能により5分の急速充電で1時間の再生が可能だ。

Androidデバイスにも対応し、Android用のBeatsアプリをダウンロードするとワンタッチペアリングやガイド付き装着状態テストを利用してイヤーバッドを簡単にセットアップ出来る。アプリケーションから簡単にリスニングモードを切り替えられるほか、左右どちらかのイヤーバッドの「b」ボタンをカスタマイズして音声アシスタントを起動するよう変更することも可能。

さらに、プラスチックの部品を削減し、全体的な材料使用量も抑えられている。Beats Fit Proの内部コンポーネントには再生プラスチックが使用され、メインのパッケージ素材は廃棄物ゼロの施設で作られたもので、88%が木質繊維を原料とし、そのうち 74%が使用済みリサイクル材料となっている。

BeatsおよびApple Music担当バイスプレジデントのOliver Schusserは次のように述べている。

「Beats Fit Pro は、フィット感とその機能に驚くべき革新をもたらし、Beats 史上最高のサウンドを奏でるテクノロジーを備えた製品です。Beats Fit Pro のダイナミックヘッドトラッキングによる空間オーディオによって、音に包まれているような体験を楽しむことができます。Beats Fit Pro は、この価格帯のプレミアムイヤフォンにおける、新たなスタンダードとなることでしょう」

Info

「Beats Fit Pro ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン」

カラー:ストーンパープル、セージグレイ、Beats ホワイト、Beats ブラック

発売日:2022 年初旬予定
販売店:Apple Online Store、アップルストア、Beats 正規販売店

related

BeatsとA-COLD-WALLがブルータリズム建築にインスパイアされたコラボモデルを発売

Beats by Dr. Dreとサミュエル・ロスが手がけるA-COLD-WALLが、ワイヤレスヘッドフォンBeats Studio 3 Wireless のリミテッドエディションを発売する。

Beats by Dr. Dreから新たなワイヤレスイヤフォンBeats Studio Budsが発売

Beats by Dr. Dreから、新たな完全ワイヤレスイヤフォンBeats Studio Budsが発売される。

Beats by Dr. Dreからリーズナブルな新モデルイヤフォンBeats Flexが発売

Beats by Dr. Dre(以下Beats)から、Beats 史上最も低価格となるプ レミアムワイヤレスイヤフォンBeats Flexが、Beats正規販売店では11 月下旬より順次発売される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。