Levi’s®とNew Balanceのコラボスニーカーが登場

Levi’s®とNew Balanceは、New Balance M1300シリーズの35周年を記念した『Levi's®×New Balance M1300CL』を、3/26(木)に発売する。

今回が初の試みとなるLevi’s®とNew BalanceのメイドインUSAモデルのコラボレーションは、2017年に閉鎖されたアメリカ・コーンミルズ社ホワイトオーク工場のセルビッジデニムを使用し、同じくアメリカ・メイン州のニューバランス・スコヘーゲン工場で製造されるという特別な1足に。クラシックなNew Balance M1300CLシルエットを、スエードとデニムのアッパーで構成し、デニムファブリックにはCone Mills White Oak XX52のデッドストックデニムを使用し、ボックスの底はオレンジカラー、上部はLevi's®のレザーパッチカラーで仕上げられている。

また、今回のコラボレーションモデルには、シューズブランドで初めてLevi’s®のオレンジタブが使われている。1969年に誕生したLevi’s®オレンジタブコレクションは、既成文化や体制に対して平和や性の多様性、精神の開放を求める動きが広がり、カウンターカルチャーが盛り上がりをみせた時代に、若者に向けたラインとして発売された。

Info

商品名: Levi's® x New Balance M1300CL
品番 :M1300LV
カラー:INDIGO×ORANGE
サイズ: D/24.5〜29.0 cm(US 6.5〜11.0)
価格: 32,000 円+税
発売日:2020年3月26日(木)

発売日: 4月24日(金)予定(今後の世界情勢により再度変更が生じた場合は、あらためてご案内させていただきます)

<お客様問い合わせ先>

リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社/ LEVI STRAUSS JAPAN K.K.

Tel 0120-099-501 / URL: levi.jp

発売店舗:
リーバイス® 原宿 フラッグシップストア 東京都渋谷区神宮前 6-16-12 03-6427-6107
リーバイス® ストア大阪 大阪府大阪市中央区西心斎橋 1-6-8 06-6241-8134
ドーバー ストリート マーケット ギンザ 東京都中央区銀座 6-9-5 03-6228-5080
ユナイテッドアローズ&サンズ 東京都渋谷区神宮前 3-28-1 ユナイテッドアローズ 原宿本店 1F 03-5413-5102
ビームス 原宿 東京都渋谷区神宮前 3-24-7 1F・2F 03-3470-3947
ビームス ストリート 梅田 大阪府大阪市北区角田町 5-15 HEP FIVE 1F 06-6366-3695
ミタスニーカーズ 東京都台東区上野 4-7-8 アメ横センタービル 2F 03-3832-8346
ニューバランス公式オンランストア https://shop.newbalance.jp/shop/g/gM1300LV

related

adidas OriginalsとHUMAN MADEの「FUTURE IS IN THE PAST」のメッセージを込めたカプセルコレクション

adidas OriginalsがNIGO®によるブランドHUMAN MADEとの新しいコレクションを9/25(金)から発売する。

New Balanceから2010年に登場したフラッグシップモデル「2002」がアジア製で初復刻

New BalanceからMade in U.S.A.のフラッグシップモデルとして2010年に登場した「2002」が、アジア製となり初復刻される。

UNION TOKYOとJORDAN BRANDによる最新コラボコレクションが 今週発売 | モデルにはkZmも登場

UNION TOKYOで前作『AJ1』から2年弱の時を経て、オーナーのクリス・ギブスが手掛けたUNIONとJORDAN BRANDによる最新コレクションが8/29(土)より発売開始される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。