Post Maloneが「リアルでさえあれば歌は上手くなくていい」と語る

ジャンルの垣根を超えた音楽で不動の人気を築いたラッパーPost Malone。自身のボーカルをフィーチャーした楽曲を多く世に出している彼が、歌についての持論を語っている。

Geniusによると、GQのインタビューに応えたPost Maloneは歌について「上手に歌う必要はないんだ」と語っている。そして「とにかくリアルでいなきゃいけないんだ。David Byrneが言ってたように、上手ければ上手いほど、リスナーはs〜ティストのことを信じなくなる」と、往年のロックバンドTalking Headsのボーカルの言葉を引用している。

さらに自身の歌が下手であるという批判をしばしば受けることについて「俺の歌が酷いものであるとは思わない。俺はハードに練習しているんだ。でも、俺のことをみんなが好きにならなくてもいい、俺のことが好きじゃない人は沢山いる。でも、それでいいんだ。自分で自分のことを少しでも軽視すれば、それは長く続いてしまうんだよ」と語っている。

“Sunflower”や”Circles“など多くの楽曲でボーカルを披露し、いずれも大きなヒットを記録しているPost Malone。彼の歌は決して下手なものではないように思えるが、決してスキルばかりを追い求める必要はない、ということを彼は言いたいのだろう。

ラッパーは歌を歌うことについては未だに批判的な論調も存在するが、Post Maloneの言葉は多くの若いアーティストにも勇気を与えるものであるはずだ。

related

Post Maloneが過去に複数回UFOと遭遇した経験を語る

先日はビアポンの大会『World Pong League』の主催に向けて動いていることが報じられたPost Malone。そんな彼が、過去にUFOを目撃した経験について語っている。

Post Maloneがビアポンの大会『World Pong League』を主催か

ここ最近はまとまったリリースが無いものの、新型コロナウイルス感染拡大防止への支援としてNirvanaをトリビュートした配信ライブを開催し、またビジネスにも力を入れているPost Malone。そんな彼が、バーティゲームとして世界的に人気なビアポンの大会を主催することが明らかになった。

Post Maloneが新型コロナウイルス支援として敬愛するNirvanaのトリビュートコンサートを自宅から開催

Nirvanaの熱狂的ファンとして知られ、手の指にKurt Cobainのタトゥーを入れているPost MaloneがNirvanaトリビュートコンサートを開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。