ralphがビートをDouble Clapperzが手掛けた新曲"Selfish"をリリース

グライムやドリルを昇華したスタイルで注目を集めているラッパーのralphが、新曲"Selfish"を明日リリースする。

持ち前の声とバックボーンを武器に活動するralphは、昨年9月にファーストEP『REASON』を発表したことをきっかけに都内でのライヴが急増。新曲"Selfish"は、盟友のDouble Clapperzをプロデューサーに迎え、混沌としたシーンに対しSelfish (= 自分本位)に音楽を紡いだralphのスタイルが披露されている。

また同曲は明日0時にミュージックビデオがプレミア公開となる。

Info

リリース情報
アーティスト:ralph
タイトル:Selfish(Prod. Double Clapperz)
リリース日:2020年2月19日(水)
販売リンク:https://linkco.re/FqFSG54x
プラットフォーム:Apple Music/Spotifyを含む各種ストリーミングサービス及び販売サイト

トラックリスト
1.Selfish(Prod. Double Clapperz)

related

C.O.S.A.がralphを迎えたドリルな新曲"POP KILLERS"をリリース | 自身初の全国ライブハウスツアーも開催

今年は1月にアルバム『Cool Kids』をリリースしたC.O.S.A.が、ralphを客演に迎えた新曲"POP KILLERS"を本日9/28(水)にリリースした。

Red Bullによる企画『64 Bars』にBonberoが登場 | ビートはDouble Clapperzが制作

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で展開されている「64 Bars」の最新回が公開された。

ralphが新作『Ridin’ Mode』からタイトル曲のミュージックビデオを公開

ralphが先日リリースしたばかりの新作新作『Ridin’ Mode』からタイトル曲のミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。