「2Pacはニューメキシコでナバホ族に保護されながら生きている」と主張する映画が来年公開予定

1996年9月、ラスベガスにて銃撃によって命を落とした伝説的ラッパーの2Pac。彼はその死を信じられないファンなどによって生存説がたびたび囁かれており、以前はDeath Row Recordsの創設者Suge Knightの息子が「2Pacはマレーシアで生きている」と主張したことも話題となった(後に「マーケティングになるからやった」と発言)。今回、2Pacがニューメキシコにてナバホ族に保護されながら生存しているとの主張を行う映画の公開がアナウンスされた。

XXLによると、先週日曜日にラスベガスのRick Bossという映画監督が『2Pac: The Great Escape From UMC』と題された映画を制作していると発表。ラスベガスで銃撃を受けた2Pacが、その後保護された病院を脱出し生き延びていることを描いているようだ。

Rick Boss曰く2Pacは命日とされる日に自身が銃撃されることを事前に知っており、Suge Knightの車に替え玉を乗せて逃げ延びたのだという。彼は「FBIが人を探しているとき、空港は封鎖されるはずです。だから(逃げるための)最善の方法は民間のヘリコプターに乗って別の州に行くことです」としており、2Pacがヘリコプターを用いて逃亡したとの推理を披露している。さらにFBIは議会の許可無しにナバホ族の土地に侵入することが出来ないため、彼が今日に至るまで発見されていないのはそれが理由とのこと。

内容の信憑性について監督は「フィクションを描くことも出来る。フィクションのストーリーを作り上げることも出来ますが、これはフィクションではありません」と、あくまで事実を伝えるというモチベーションで制作に臨んでいることを強調している。

果たして本当に2Pacが生きているのかどうかは不明だが、映画が果たしてどんな作品に仕上がっているか気になるところだ。

related

2Pac出演の名作『JUICE』初のBlu-ray&DVD化が決定

2Pac出演の1992年製作の映画『JUICE』の、日本初Blu-ray&DVDが5月8日(金)に発売される。

2Pacのアルバム『Me Against the World』の25周年を記念してLPが再発

2Pacが1995年3月14日に発売し、全米チャート1位に輝き、ダブル・プラチナを獲得した名盤『Me Against the World』。発売から25周年を記念して、180グラム重量盤の2LPが本日再発された。

元LA警察の捜査官が「2pac殺害事件の容疑者の叔父を逮捕すべき」と語る

1996年に銃撃によって命を落とし、世界に衝撃を与えた2pac。彼の死には生存説や陰謀論など様々な噂がつきまとうが、ロサンゼルス警察に在籍し2pac殺害事件を追っていた人物が新たな証言を行い話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。