DAIWAのニューライン『DAIWA PIER39』がデビューコレクションを発表

「大自然と都市をシームレスに繋ぐ架け橋」という考えを提案するDAIWAの、ニューライン『DAIWA PIER39 (ダイワ ピア39)』が 2020年春夏シーズンからスタートする。

海外向けリールのOEM生産を始めとし、自社ブランドへと事業を発展させたフィッシングブランドのDAIWA。世界のフィッシング市場をリードし、時代の行き先をいち早くつかみ、自由な発想で人々に新たな感動を届けている。

今回発表されたニューライン『DAIWA PIER39』では都市生活を満喫するためのデザインと、フィッシングを楽しむ為の アイディアが共存するアパレルコレクションを展開。 これまで培ってきたフィッシングシーンでの経験の中に見出した発想を、 日常というフィールドの中でもサポートできる拘りが細部にまで表現された釣りという趣向から生まれたリアルクローズである。

GORE-TEX INFINIUMTM Fishtail parka ¥49,500 + tax

GORE-TEX INFINIUMTM Fishtail parkaは、GORE-TEX INFINIUMTMファブリクス採用。持続的に弱い雨や雪を弾く表面撥水、快適さを保ち、冷えを最小限に抑える耐水性 、強風も暴風であってもしっかり遮断優れた防風性、湿気を逃がし、身体の温度や湿気のバランスを保つきわめて優れた透湿性を兼ね備えている。

Mulch Pocket Easy Shirts ¥15,000+tax

美しいハリ感があり、シワが出にくいポリエステル素材を採用しているMulch Pocket Easy Shirtsは、ストレッチ性があり、身体の動きにスムーズにフィットする。大小5つのポケットを配し、ルアーケースやフィッシングアイテムに対応する収納力も完備。

Micro Rip-Stop Loose WEP Parka ¥29,500+tax

柔らかな風合いで軽量ながら、摩耗性・ストレッチ性 に優れた20Dのマイクロリップナイロン素材を採用しているMicro Rip-Stop Loose WEP Parka。内側にはメッシュ素材を起用し湿っぽい環境下でもベタつきを感じにくく、衣服内をドライに保つ。急な天候変化にも対応できる撥水加工だ。

S/S Loose Tech Crew Neck Tee ¥7,500+tax

Tシャツは縦、横方向に伸縮する4Wayストレッチ素材が、 快適な着心地を実現。軽量で復元力が高く、シワになりにくい。急な天候変化にも対応できる撥水加工。肌に触れるとひんやりとする接触冷感。

Loose Stretch 2B Jacket ¥25,000 + tax

縦横方向に伸縮する4Wayストレッチ素材で 快適な着心地のジャケット。軽量で復元力が高く、シワになりにくい。急な天候変化にも対応できる耐久撥水加工 ・内側はメッシュ素材で湿っぽい環境下でもベタつきを感じにくく、衣服内をドライに保つ。パンツと同素材でセットアップでの着用可。

Loose Stretch 6P Mil Pants ¥18,000+tax

縦横方向に伸縮する4Wayストレッチ素材のパンツは、 快適な着心地を実現。軽量で復元力が高く、シワになりにくい。急な天候変化にも対応できる撥水加工。肌に触れるとひんやりとする接触冷感。ジャケットと同素材でセットアップでの着用可能。

 

Info

DAIWA
www.daiwa.com/jp/

お客様お問い合わせ先
GLOBERIDE.,Inc. / グローブライド(株)
東京都東久留米市前沢3-14-16
0120-506-204
info@daiwapier39.jp

related

DAIWAのニューライン『DAIWA PIER39』が2020 AWコレクションを公開

「大自然と都市をシームレスに繋ぐ架け橋」という考えを提案する ニューライン『DAIWA PIER39』が 2020 AWコレクションを公開した。 都市生活を満喫するためのデザインと、フィッシングを楽しむ為のアイディアが共存するアパレルコレクションを展開している。これまで培ってきたフィッシング...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。