グラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞した21 Savageの “a lot”のビートが1時間で作られたことが明かされる

いよいよやって来たグラミー賞発表の季節。ヒップホップファンにとってきになる賞はやはり最優秀ラップアルバムと最優秀ラップ楽曲だが、今年は21 SavageとJ. Coleの“a lot”が最優秀ラップ楽曲賞を受賞。そんな同曲のビートが、わずか1時間で作られたものであることが明かされている。

“a lot”のプロデューサーであるDJ DahiとJ. WhiteがComplexのインタビューにて語ったところによると、同曲のビートは2018年にSpotifyによって開催された作曲キャンプにて制作されたとのこと。当時の状況について、DJ Dahiは「21のトラックにEast of Undergroundをサンプリングするアイデアはちょっと前からあったんだ。(中略)俺は彼に“ソウルのサンプルを使ったらドープになると思うんだ。クラシックなヒップホップの感じで、ドラムの隙間にお前のエネルギーが合うタイプのバイブスだよ”と言ったら、あいつは“いいと思う。俺はそんなビートをずっと探してたんだ”って感じだった」と語り、続けて「一時間程度で作ったよ。次の日、21が別の部屋で音楽を聴いていた。彼がやって来て俺がビートを聞かせると、あいつは“これはアルバムのイントロにぴったりだよ”って言ってた」と、短時間で作ったビートながら21 Savageも非常に気に入っていたことを明かしている。

DJ Dahiはさらに、共に制作を行ったJ. Whiteについても「彼は俺が思ってもいなかったような場所にあの曲を連れて行ってくれたんだ。Three 6 Mafiaに影響を受けたような感じのエネルギーだ。チョップド&スクリュードされたボーカルとスクラッチのバイブスがあって、他のサンプルも入れてくれたんだよ」と語り、楽曲の雰囲気を作ることに彼が大きく貢献したとしている。

結果的に大ヒットを記録しグラミーを受賞するに至った“a lot”。新たなクラシックの一つであることは間違いないだろう。

related

21 Savageがサントラのプロデュースを手がけた『スパイラル:ソウ オールリセット』| 「子供の頃から『ソウ』シリーズを見て育ってきた」と明かす

スリラー映画『ソウ』シリーズの最新作『スパイラル:ソウ オールリセット』が、9/10(金)に全国公開される。今作は過去8作をアップデート&リセットした作品となっていて、「ソウフリーク」として知られるクリス・ロック、さらにはサミュエル・L・ジャクソンも出演している。

Bobby Shmurdaがついに釈放される|21 SavageやMeek Millらが祝福

“Hot Nxxxa”の大ヒットで知られるものの、2014年に銃器や薬物の所持を理由に逮捕され、それ以来6年以上収監され続けていたBobby Shmurda。そんな彼が昨日ついに釈放されたことが報じられている。

21 Savageを自身の楽曲にフィーチャーするには10万ドル以上が必要であることが判明

若手ラッパーにとって、人気のアーティストを自身の楽曲にフィーチャーすることは一つの夢だろう。しかし、21 Savageを客演に招くには相応の対価が必要になるようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。