裏原を代表するブランドの1つREVOLVERが再始動|Bladeeをモデルに起用したルックを公開

1998年にKIRIとARATAによって設立され、裏原ムーブメントを牽引したREVOLVER。2014年より活動休止していた同ブランドが、新たにDETTO Kをデザイナーに迎え2020年1月より再始動することを発表した。クリエイティブディレクションは引き続き、創業者のKIRIが担当している。

カプセルコレクションの中から、カラーブロックがユニークなセットアップやグラデーションが美しいnana-nanaとのコラボレーションバッグを含む5型を1/22(水)にGR8で先行発売。1/29(水)にZOZOTOWNで全アイテムを発売する。

今回のコレクションには、nana-nanaとコラボレーションしたバッグをはじめ、CALI DEWITT、KOSUKE KAWAMURAなどがアートワークを提供。ルックのモデルには、KIRI、DETTO K両者と親交が深いストックホルムのラッパー/シンガー/プロデューサーのBLADEEを起用している。今後は不定期にアイテムをリリース予定。

Info

GR8
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前1-11-6原宿ラフォーレ原宿2.5F
TEL: 03-3408-6908
営業時間: 11:00-21:00
https://gr8.jp/

RELATED

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。