Dr. Dreが2010年代に最も稼いだアーティストに

Forbesが2010年代に最も収入を得たアーティストリストを発表した。

アーティストのツアーでの収入や音源売上のデータや本人もしくはマネージャーなどへの聞き取りによってForbesが推定したところによれば、過去10年間で最も高収入を得たアーティストの1位はDr. Dreで9億5000万ドル(日本円(1ドル=100円)で950億円)となっている。Dreはこの10年間でアルバムは『Compton』1枚しかリリースしておらず、その収入のほとんどはAppleに30億ドルで買収されたBeatsの株の割り当てと思われる。

Dreの他にはこのリストには3位にBeyoncé(6億8500万ドル)、5位にDiddy(6億500万ドル)、7位にJay-Z(5億6000万ドル)が続いている。圧倒的な収入を得ているDreが、音楽制作に再び本腰を入れる日はくるのだろうか。Dreは現在Kanye Westと『Jesus Is King Part II』の制作に当たっていると言われている。

related

Juicy JがInstagramのバトル番組『Verzuz』でDr. Dreと対戦したいことを明かす

これまでMannie Fresh対Scott Storch、Bounty Killer対Beenie Manなど数々の名勝負を生み出してきたバトルプロジェクト『Verzuz』。今回、Juicy Jが『Verzuz』への登場とまさかの相手との対戦を望んでいることが明らかになった。

Snoop DoggがKanye West、Dr. Dreとのレコーディングの模様を公開

先日はGAPとのコレボレーションを発表するなど、精力的な活動を再開しつつあるKanye West。そんな彼がDr. Dre、そしてSnoop Doggとのレコーディングを行っていたことが明らかになった。

Kanye WestがDr. Dreと共に『JESUS IS KING Part Ⅱ』を制作するとアナウンス

先月末に最新作『JESUS IS KING』をリリースしシーンの話題をさらったKanye West。キリスト教への改宗やゴスペルへの傾倒などから影響を受けた新作は物議を醸したが、そんな彼が『JESUS IS KING』の続編をDr. Dreとコラボして制作するとアナウンスした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。