Earl Sweatshirtがラップは現代における奴隷の音楽だと語る

今年の11月にニューEP『FEET OF CLAY』をサプライズリリースしたEarl Sweatshirt。そんな彼が自身のラップに対する考え方を語っている。

先日の12月7日、Earlは自身の母親でありUCLAの教授を務めるCheryl Harrisとともにロサンゼルス現代美術館で行われたイベントに登壇。そのイベントの途中、ファンの1人から自分自身の音楽をリスナーに理解してもらいたいかどうかという質問が彼に投げかけられた。

Billboardによると、彼はその問いに対し、ラップと奴隷による音楽を比較して答えている。「ラップミュージックは奴隷の音楽だ。奴隷同士のコミュニケーションは暗号化されて、独自の言語で話されていた。つまりこれ(ラップ)はその新しいヴァージョンなんだ」と話すEarlは続けて、「本当に、俺がそれを理解出来れば、俺はそれを教えることが出来る。音楽を書くことは俺にとって細心の注意を払わなければならないプロセスなんだ。それは自分自身の言語だ。時々、それを把握するのに少し時間がかかるけどね」と述べ、ラップは現代における奴隷による音楽だと主張した。彼の上記の発言はおそらく、アフリカンアメリカンによる霊歌に言及したものだとみられる。

また、EarlとCherylは彼の最新EPである『FEET OF CLAY』についてもイベントの中で触れている。Cheryl曰く、Earlは彼女に対し、「最近のリスナー達が3個目のヴァースに興味を持つことは滅多にない」と説明したそう。その上で、彼は「人々の注目する範囲はますます狭くなってる」と付け加えた。実際、Earlが昨年リリースしたアルバム『Some Rap Songs』は15曲収録だが、全体の長さは25分であり、2015年の彼の作品『I Don't Like Shit,I Don't Go Outside』が10曲収録で全体の長さが30分なのと比べると1曲辺りの時間がだいぶ短くなっていることが分かる。

今回、Earlは自身のラップに対する独自の考え方を述べたが、それを踏まえた上で彼の楽曲を聴いてみるのも良いかもしれない。

related

【コラム】Earl Sweatshirt周辺のヒップホップと私

Earl Sweatshirt周辺のヒップホップについてのコラム、というお題をFNMNL編集部からもらい、この5/29に発売になった私XTALのアルバム『Aburelu』との関連についても是非ということだったので、以下のような流れで書いてみようと思う。最後までお付き合いください。

J. Coleが新曲“Snow On Tha Bluff”でBLMについて声をあげるNonameをディスしたと話題になる | Earl SweatshirtやChance The RapperらはJ. Coleを批判

今週、突如として新曲“Snow On Tha Bluff”をサプライズリリースしたJ. Cole。現在世界的に盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」運動や警察による暴力について言及しながらも、それに対して自身の力が及ばないことを吐露したこの楽曲は大きな話題を呼んでいるが、リリックの中にシカゴのラッパーNonameをディスしたと思われるラインが含まれていることでファンは騒然となった。彼女に宛てたと思われるラインは一部のファンから批判を寄せられるにまで至っているが、そのような状況に対し様々なアーティストが反応している。

Earl Sweatshirtが差別的なスピーチを行うキリスト教右翼の男性を煽る

トランプ大統領や共和党を支持し、リベラルからは嫌われる対象となっているキリスト教福音派。そこに属すと思われる男性に対し、Earl Sweatshirtがとった行動が話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。