Summer Walkerが自身主催のイベントで歌わなかったことでブーイングを浴びる

10月にリリースされたアルバム『Over It』が女性R&Bアーティストの1週間のストリーミング数の最高記録を更新するなど、絶大な人気を誇るSummer Walker。そんな彼女が、自身が主催するパーティでトラブルに巻き込まれてしまったようだ。

Complexによると、Summer Walkerは今週末に開催されたニューヨークでのライブのアフターパーティをニュージャージーのクラブで主催。その際クラブのプロモーターが「Summer Walkerが観客の前で3曲ほどライブを行う」とアナウンスしていたものの、Summer Walker自身はそのことを知らずライブを行わなかった。そのような誤解を原因として、会場を訪れたファンはSummer Walkerにブーイングを行ったという。Twitterにはトラックが流れているにも関わらず歌わない彼女の様子を撮影した動画が投稿されている。

その後Summer Walkerは自身のInstagramを更新し「こういうプロモーターに騙されるのはやめて。私は、繰り返していうけど、私は絶対にソファーの上では歌わない。私のライブを観たいなら私をリスペクトして。私は7日と8日にライブをして、9日にはJimmy Fallonの番組に出るから、そこでライブを観られるよ。私がただ歩いただけのニュージャージーのイベントに来てくれたみんな、ありがとう」と、本来予定されていないライブは絶対に行わない意思を強調しつつブーイングを行ったファンを皮肉っている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hey reading is fundamental, there was nothing on there about no “performance” , 🧢 🧢🧢🧢🧢

Summer Walker(@summerwalker)がシェアした投稿 -

その後クラブ側は彼女が契約に違反したとして書類を公開しているが、これに対しても彼女は「なんで私がこんなバカなことをしなきゃいけないのか意味が分からない」として納得していない様子を見せている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

He literally had told y’all it wasn’t a performance, I don’t understand why I have to do this stupid shit with plp. I be minding my business

Summer Walker(@summerwalker)がシェアした投稿 -

以前もファンとの関係やライブに疲れた様子を見せて引退を仄めかしていたSummer Walker。このようなトラブルが積み重なり彼女が音楽を続けてゆく意志が磨り減らないことを願うばかりである。

related

Summer Walkerがコロナウイルスに関するフェイクニュースを拡散し批判を浴びる

全世界でパニックを引き起こしている新型コロナウイルス。イベントの中止など音楽にも大きな影響を与えているが、そんな中SNSの難しさや問題点が浮き彫りになる騒動が起こってしまった。

Justin Bieberのヒット中のニューシングル"Yummy"にSummer Walkerが参加したリミックスを公開

2/14(金)にニューアルバム『Changes(チェンジズ)』をリリースするJustin Bieberが、先行シングル"Yummy"にSummer Walkerが参加したリミックスを公開した。

『Why Not Listen To ?』Vol.2 feat. GNAR、Monsune、Samm Henshaw、Bakar、ENVY*、Summer Walker

新連載『Why Not Listen To ?』がスタート。今や世界の音楽シーンではジャンルの垣根を越えて、数え切れないほど多くのアーティストが活動しているが、音楽フリークにとってそれを全部追うのは少々無理がある。そこで、FNMNLでは編集部が各月毎にオススメのアーティストをピックアップ。彼らの簡単なプロフィールをはじめ、音楽性、オススメの楽曲などを紹介していく。アーティストをディグするときの参考にしてもらえると幸いだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。