The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Young-G

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010’s』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回はタイのラッパーJUUとG.JEEと共にアルバム『New Luk Thung』をリリースをした、stillichimiyaメンバーのとしても活動するYoung-G。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Young-G

2014年から2015年にかけて行われた空族制作の映画”バンコクナイツ”の撮影。

コメント 

およそ4ヶ月に渡りタイ、ラオスに長期滞在しながら撮影した経験は自分の中でのタイ、アジア、音楽、文化への理解を深めました。その後約一年間タイへ長期滞在し、それを強固なものにするきっかけにもなりました。

2020年代はどのように過ごしたい?

自分にしかできない事、そしてさらにやりたい事をやって生きたい所存です。

来年はADM(Asian Dance Music)と銘打ったパーティーにアジア圏のDJやプロデューサーを招いて渋谷WWWで定期的に開催していきたいと思います。まずは2月2日の予定です。

タイのレジェンダリーラッパーとのコラボアルバム
JUU&G.JEE - New Luk Thung (EM record)が発売中です。

http://emrecords.shop-pro.jp/?pid=143437948

そしてもうすぐカンボジアのヒップホップレーベル”KlapYaHandz”の初期音源がEM recordより12月26日にリリースされます。予約受付中!

Info
https://t.co/WZ4YUJ8grM

Young-G(stillichimiya/OMK)


山梨県一宮町で生まれたムーブメント”stillichimiya”メンバー。DJ、音楽プロデューサー、サウンドエンジニア。DJとしてHIPHOPを軸に様々な音楽をスピン。音楽プロデューサーとしてこれまでに田我流、NORIKIYO、般若、BOSS THE MC、鎮座DOPENESS等、数々のラッパーに楽曲を提供。Big Ben(stillichimiya)とのおみゆきCHANNEL、田我流とカイザーソゼ、DJ KENSEI率いる「IS PAAR BAND」等のプロジェクトに参加。Maryjoy Recordings、EM Records等から作品をリリース。2011年フィリピン、マニラのトンド地区でのHIPHOPワークショップを経て「アジアで独自の進化を遂げる HIP HOP」をテーマにしたMIX「Pan Asia」シリーズ(Vol1, 2)を製作。日本で流通、紹介されないアジア圏のHIPHOPアーティストの招聘や普及活動を展開。2016年公開の空族(くぞく)の映画『バンコクナイツ』に楽曲提供、録音スタッフとしても参加。2019年にはカンボジアのHIP HOPクルー『Klap Ya Handz』の初来日ツアーのサポートを成功させ、同じく2017年に初来日させたタイのラッパー”JUU”と”G.JEE”と共にアルバム「New Luk Thung」(ニュールークトゥン)をリリース。タイの有力メディアRap is nowにて年間ベストアルバムTop5にノミネート。チーム"OMK"(One Mekong)としてstillichimiyaのメンバーのMMM、タイ音楽DJユニット"Soi48"と共にアジアの音楽を独自に発信中。

related

Soi48によるオンラインパーティーが来週開催|POSNEG、DJ SEESEA、Young-Gなどが出演

タイ音楽好き/ワールドミュージック好きの間で圧倒的支持を得ている、再発&DJチームSoi48によるオンラインパーティーが10月15日(木)に開催される。

STEEEZO、MAHBIE、YOUNG-G、CHILI、MMMが集結したアルバム『PERFECT WORLD』がリリース

STEEEZO 、MAHBIE、YOUNG-Gというそれぞれの世界観を表現するトラックメイカーに加えて、独自の声質とライミングでフローするラッパーCHILI、昭和の銀幕俳優を彷とさせるスティルイチミヤのラッパーMMMが参加した新アルバム『PERFECT WORLD』がリリースされた。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by SIRUP

今回は、変幻自在なボーカルスタイル、五感を刺激する グルーヴィーなサウンド、そして個性的な歌詞の世界観 でリスナーを魅了するシンガーソングライターのSIRUP。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。