90年代当時のハーレムを写した内藤カツによる国内初の個展『Once in Harlem』が伊勢丹新宿店メンズ館2階にて開催

ニューヨーク在住の写真家である内藤カツの個展『Once in Harlem』が、2019年12月11日(水)より伊勢丹新宿店メンズ館2階のギャラリースペースART UPにて開催される。

内藤カツは1983年に渡米。より刺激を求めて訪れたハーレムに魅了され、1988年から約5年半の間ハーレムに居住した。恐怖や緊張感と隣合わせの生活の中で、2年ほどかけて徐々にハーレムに住む人々、そして街に受け入れられ、1990年代はじめから中頃にかけて当時のハーレムそのものを撮影した写真集『Once in Harlem』を発売している。

「Twin in Morning Side Park」 (C)Katsu Naito
「Harlem Tree」 (C)Katsu Naito
「Professor Williams on 116th street」 (C)Katsu Naito

今回の個展では『Once in Harlem」の中から9枚の写真をセレクトし、ネガフィルムで保管されたものを現像、焼き付けした写真作品に加え、同写真集を展示販売。また、セレクト写真をシルクスクリーンプリントしたカットソーも販売される。

同じコミュニティーの中で生活を共にした内藤カツだからこそ捉えられた「当時のハーレムそのもの」を感じることが出来る特別な機会となる。

Info

各60,000円+税(11×14インチ)
※写真作品はすべて額装込み ※受注生産のため、 2020年2月中旬頃のお渡し

1964年、東京都大田区生まれ。双子座。
1983年渡米、言葉の不自由さを埋める手立てとしてカメラを手に取る。
1987年、ハーレムに居住し「ONCE IN HARLEM」の土台を築く生活を開始。
1990年ごろから、ハーレムでの撮影をスタートし、同時にNYのストリート売春夫婦の撮影もスタート。
2010年、ネペンテスNY店にて、売春婦のポートレート個展「WEST SIDE RANDEZVOUS」を開催。
2011年、80年代のNYの売春婦を撮影した「WEST SIDE RANDEZVOUS」を発刊。2018年、NYハーレムの写真集「ONCE IN HARLEM」を発刊。

related

Blue Note Recordsとイセタンメンズ、J-WAVEによるコラボレーション企画『ISETANMENʼS & J-WAVE PRESENT|BLUE NOTE 80 ~One For Daddy-O~』が発表

今年創立80周年を迎えたジャズレーベルBlue Note Recordsと、イセタンメンズ、J-WAVEとのコラボレーション企画『ISETANMENʼS & J-WAVE PRESENT|BLUE NOTE 80 ~One For Daddy-O~』が発表された。

FACETASMやCINOHと三越伊勢丹のコラボシューズが世界的な靴の展示会『The MICAM』に出展

イタリアのFIERA MILANOで9/3~9/6に開催される世界的な靴の展示会『The MICAM(ミカム)』にFACETASMやCINOH、LOKITHOなどの注目ブランドと伊勢丹のコラボシューズが初めて出展されることになった。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。