The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by 食品まつり a.k.a foodman

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、国内外の様々なレーベルからリリースを重ね、自身のルーツの一つでもある沖縄を背景に、シカゴ・フットワークからのインスパイアとポスト・インターネット以降のハイブリッドな感覚から浮かび上がる特異のサウンドはニューエイジやアンビエントとひも付きながら、新世代の電子音楽やアヴァンギャルドとして活動する名古屋出身の電子音楽家、食品まつり a.k.a foodman。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by 食品まつり a.k.a foodman

サウナを知ったこと

コメント

2016年にサウナにハマってからいろいろなものの見え方も変わりましたし、聴く音楽、作る音楽にも影響がありました。

2020年代はどのように過ごしたい?

どんどん音楽を作り、どんどんサウナや温泉に行き、家族や友人と美味しいものを食べたいです。

食品まつり a.k.a foodman

名古屋出身の電子音楽家。2012年にNYのOrangeMilkよりリリースしたデビュー作『Shokuhin』を皮切りに、Diplo率いるMad decentを含む、国内外の様々なレーベルからリリースを重ね、2016年の『EzMinzoku』は、海外はPitchforkのエクスペリメンタル部門、FACT Magazine, Tiny Mix Tapesなどの年間ベスト、国内ではMusic Magazineのダンス部門の年間ベストにも選出され、その年に行われたワールド・ツアーではUnsound、Boiler Room、Low End Theoryに出演。自身のルーツの一つでもある沖縄を背景に、シカゴ・フットワークからのインスパイアとポスト・インターネット以降のハイブリッドな感覚から浮かび上がる特異のサウンドはニューエイジやアンビエントとひも付きながら、新世代の電子音楽やアヴァンギャルドとして活動を行っている。2018年9月にSun Ark/Drag CityからLP『ARU OTOKO NODENSETSU』、同年11月にはNYのPaltoFlatsからEP『Moriyama』を立て続けにリリース。2019年3月にはMadDecentからEP/Cassette『ODOODO』をリリースした。

related

D.A.N.が昨年リリースのシングル3曲の食品まつり a.k.a foodman、Mogwai、Airheadによるリミックスを連続リリース

ライブ映像の公開や配信イベントの解禁など精力的な活動を続けるD.A.N.が、昨年リリースのシングル3曲のMogwai、Airhead、食品まつり a.k.a. foodmanによるリミックスバージョンを5月23日(土)より3週連続リリースする。

延期となっていたHOMESHAKEの振替公演が12月に開催決定 | スペシャルゲストには食品まつりが決定

カナダ・モントリオールのシンガーソングライターHOMESHAKEは3月に開催される予定だった来日公演が新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため延期となっていたが、本日振替公演の日程が発表となった。

D.A.N.がワンマン公演『Strand』を東京・大阪で開催 | サポートアクトで食品まつりが登場

D.A.N.が、5月に東京と大阪でワンマン公演『Strand』を開催すると発表した。 これまで不定期で行う自主企画『Timeless』では、LAからMndsgn、UKからJamie Isaacなど海外アーティストを招聘して開催してきたD.A.N.。東京は渋谷・WWWX、大阪は梅田 CLUB Q...

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。