カンボジアのヒップホップレーベルKlapYaHandzの初期作を収録したコンピアルバムがEM Recordsよりリリース

RIN AWARDSで年間ベストアルバムにノミネートされたJuu & G. Jee『ニュー・ルークトゥン』に続き、カンボジアのヒップホップ・レーベルKlapYaHandzの初期作品を収録したコンピレーションアルバム『KlapYaHandz Vol.1: The Cream of the Crop, 2001-2011』が12月27日にEM Recordsよりリリースされる。

KlapYaHandzは設立当初からアメリカンの単なるコピーではない、カンボジアのオリジナルなヒップホップ(通称「クメール・ヒップホップ」)の創作を目指したレーベル。クメール・ヒップホップ元年とも目される2001年に誕生し、世界的にヒップホップが一大ジャンルに成長し選択肢や視野が広がった時期であることを差し引いても、その独自性には驚くものがある。

KlapYaHandzの創設者、ソック・ヴィサルは、懐メロ化していた黄金時代のクメール歌謡やクメール・ロック(※70-80年代を通じてポル・ポトによってレコードが焼き払われ歌手達は虐殺された)を積極的にサンプリングする方法でクメール・オリジナル・ヒップホップを創出。サンプリングはトラックの構成に使われただけでなく、そこに土着固有のリズムや音色や歌の節回しを見つけ出し、今度はそれをヒップホップのフォーマットへと落とし込んでいる。過去を引用してフレッシュなものを生み出すヒップホップの手法をここまでダイナミックに実現した例は世界でも珍しいのではないだろうか。

今回の第一弾はKlapYaHandzの最初の10年の記録、カンボジアを代表するレーベルに発展する前の、初期の代表的作品を精選したアーカイブ・リリースとなる。オーナーのソック・ヴィサルがプロデュースした、どれを聞いても「これぞクメール・オリジナル・ヒップホップ」なコレクションだ。

KlapYaHandzの音楽や映画を同時代として享受できることが、どれほどの奇跡なのかを思うと勇気が湧いてくる。チョッケツ、クメールHIPHOP!<空族 富田克也>

ラッパーたちはみんな自由で、Sok Visalはずっと笑っている。若いスタッフたちは忙しなく肉を焼いていて、Sreyleakは妹にすごく優しい──トゥオル・コークの夜、僕はこの最高の音楽を語る術をもちあわせていない。知ったような顔をしない、もっともらしい言葉を探さない。それが一番、難しい。<川田洋平(編集者)>

Info

アーティスト名:Various Artists
アルバム題名:KlapYaHandz Vol.1: The Cream of the Crop, 2001-2011
フォーマット:CD
制作発売元:エム・レコード (EM Records) http://emrecords.net/
カタログ番号:EM1189CD
日本語・英語ライナー、英語訳詩掲載

選曲:Sok Visal
解説:Sok Visal & Sorany Var
マスタリング・選曲協力:Young-G (OMK/stillichimiya)
装丁:高木紳介 (Soi48/OMK/EM Records)
Special thanks: 空族、佐藤雄彦(俚謡山脈)、STUDIO VOICE、Be-Wave

■収録曲
1. Rin - Hip Hop [2001]
2. Phnom Penh Playaz - Ride with Us [2002]
3. Aping - Ereva Chanoy [2005]
4. Aping - Sangsa Lek 1 (feat. Dina) [2005]
5. Khmer Rap Boyz - Berk Chak [2007]
6. Kelly - K. E. L. L. Y. [2007]
7. Pou Khlaing - Yeak (feat. Adda) [2008]
8. Yungsterz - Luk Ko Luk Krobey [2008]
9. Khmer Kid - Laut Doch Besdoung (feat. Lisha) [2010]
10. Lisha - Srok Sre [2008]
11. Nen Tum - Dey Srok Khmer [2011]
12. Yungsterz - A Yap [2011]

(c) KlapYaHandz Records
(p) 2019 EM Records

■発売日
12月27日

related

EM Recordsが今の空気感をパッケージしたコンピレーションをリリース|Lil Soft Tennis、玉名ラーメン、Karavi Roushi、Le Makeupらが参加

南大阪を拠点にするレーベル EM Recordsから日本の2020s音楽シーンの「今」をパッケージしたコンピレーションアルバム『S.D.S.=零=』がリリースされる。

カンボジア・ブノンペンのヒップホップグループKlapYaHandzの来日公演が開催決定

stillichimiyaのYOUNG-G、MMM、DJユニットSoi48を中心にアジアの地下ヒップホップ・シー ンを中心にインターネットだけではわからない音楽をディグするプロジェクト、OMK。彼らが主導して、カンボジアはブノンペンのヒップホップ・グループのKlapYaHandzの来日公演が5/5(...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。