Charaが荒田洸とコラボした新曲"愛する時"を12月にリリース

昨年12月にリリースしたアルバム『Baby Bump』以降も、世代を超え作り手として常に現在進行形の音楽に向き合い進化し続けるCharaが、WONKの荒田洸とコラボしたニューシングル"愛する時"を12/3(火)にリリースする。

寒い冬の季節にそっと誰かに寄り添いたくなるような、スウィートで愛が溢れるウインターソングの"愛する時"は、息子で俳優、モデル、さらにミュージシャンとして活動を開始したHIMIをはじめ、CharaやWONKのサポートメンバーとして活躍するMELRAW、ギタリスト小川翔、ものんくるからBass角田隆太、サポートKeyの宮川純などといった新鋭のミュージシャンが多数参加。

2人の愛する家族やミュージシャン仲間であるCurly Giraffe(カーリー・ジラフ)や竹本健一、高橋あず美、平岡恵子がCharaのスタジオのホームパーティーに参加した際にREC中であった本作品に、急遽バッキングコーラスで参加するなど、Charaと荒田洸のラブリーなファミリーが集合し、アットホームな空気も一緒にパッケージした豪華な1曲となっている。

リリース日に公開予定のミュージックビデオは、勝己拓矢監督が手がけている。

Info

Chara×荒田洸 配信シングル「愛する時」
リリース予定日時:2019年12月3日(木)0:00〜主要音楽配信サイトにて配信

《Chara LIVE INFO 》
2020年1月10日(金)台北WALL
2020年1月22日(水)、23日(木)東京LIQUIDROOM

related

【対談】kiki vivi lily × 荒田洸(WONK)|ジュワジュワ感を求めて

甘く魅惑的な歌声、そしてポップなメロディーセンスを武器に異彩を放つシンガーソングライターkiki vivi lilyがミニアルバム『Good Luck Charm』を完成させた。古きよき日本のポップスやヒップホップなど多彩なルーツを下地に生み出される彼女の楽曲はオンタイムな時代性と郷愁を感じさせる不思議な魅力を纏っている。

リモートで楽曲を制作するプロジェクト『TELE-PLAY』が始動 | 第一弾にはChara、SIRUP、TENDRE、BASIなどが参加

CRCK/LCKS・象眠舎としても活動する小西遼が発案したリモートコラボで新たな音楽制作の形を実現するプロジェクト『TELE-PLAY』が始動した。

『WONK’s Playhouse』にCharaのゲスト出演が決定

WONKがホストバンドを務め豪華ゲストを招く自主企画『WONK’s Playhouse』。IOやkiki vivi lilyなどのゲストに続き、第六弾ゲストとしてCharaの出演が発表となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。