DJ PremierがLil Uzi Vertが“Mass Appeal”のビートでのフリースタイルを拒否したことについて語る

DJ Premierと故Guruによる伝説的ヒップホップデュオGang Starr。先日、突如として約16年ぶりとなるニューアルバム『One of the Best Yet』をリリースし、各所で話題を呼んでいる中、DJ PremierがGeniusの『For The Record』に登場。リードシングル“Family and Loyalty”の制作などについて語っている。

“Family and Loyalty”にはフィーチャリングアーティストとしてJ.Coleが参加しているが、PremierによるとJ.Coleに声をかける前にDrakeとKendrick Lamarにも声をかけていたそう。

「最初、俺はDrakeに参加してほしかったんだ。なぜなら、『Scorpion』の“Sandra's Rose”で俺達は一緒に曲を作ったからね。でもその当時、彼は文字通りツアーに縛られていて、時間的に実現できなかった」と彼は語り、続けて「俺はKendrickにも参加してほしかった。でも、彼は彼自身のアルバムの制作が忙しいって言われたんだ。実際、彼は自分のアルバムを出した。クールだよね。全然問題ないよ。それで俺は“Coleはどうかな”ってなったんだ」とJ.Coleが参加することになった経緯を語っている。

最初、PremierはJ. Coleに“So Many Rappers”のビートを送ったそうなのだが、同曲のテーマをすでにColeは“Middle Child”でラップしていたため、代わりに“Family and Loyalty”のビートを送ったとのこと。その後、すぐにColeから「兄弟、鳥肌が立ったよ。これはドープだ」と返信が来たそう。1番初めに彼が求めたのがDrakeだったというのが少々意外だが、ばっちりかましているJ.Coleもさすがと言えるだろう。

また、彼は自身とLil Uzi Vertの関係についても語っている。というのも2016年にLil Uzi VertがHot 97のインタビューに登場した際に、Gang Starrの名曲“Mass Appeal”のビートでフリースタイルするのを拒否するという一幕があったからだ。
実際、Premierはこの一件について「彼が俺のビートで必ずしもライムする必要はないよ。全ては愛だ」と全く気にしていないそう。さらに彼は「Uziは俺に“よお、兄貴。あれは俺が“Mass Appeal”のビートでラップをしたくなかったってわけじゃない。“Mass Appeal”のビートがワックだとかそういうわけでもない。あれはただ俺がラップしたいビートのスタイルじゃなかっただけだ。“Full Clip”のビートだったら、ラップしてただろうね”とDMを送ってきた」とLil UziがDMしてきたことを明かした。

実際、Premierは現在制作中のアルバム『PRhyme 2』にて、Lil Uzi Vertとのコラボを画策しているそうなのだが、スケジュールの都合で実現するかは分からないとのこと。DJ PremierのビートとLil Uzi Vertがどのような化学反応を見せるのか気になるところだ。

インタビュー全編は下の動画から。

related

Nonameが「私はJ. Coleが言うような時代のリーダーじゃない」と苦悩を明かす

先日、J. Coleの新曲“Snow On Tha Bluff”の中でディスとも取れる言及を受け、それに対するアンサーとして新曲“Song 33”をリリースしたNoname。Black Lives Matter運動に十分にコミットすることが出来ない苦悩を明かしたJ. Coleに対し、NonameはJ. Coleによる自身に対する言葉が不当であること、また女性やトランスジェンダーが暴力を受けている現状を厳しく告発した(J. ColeとNonameのやり取りについての詳細はこちらのコラムを参照して頂きたい)。今回、先述の出来事を経たNonameが改めて自身の抱える苦悩を明かしている。

【コラム】Black Lives Matterが映し出すもの - NonameとJ. Coleについて -

日本でも各地でデモが開催されるなど、世界中で盛り上がりを見せているBlack Lives Matterの抗議運動。そんな中J. Coleがリリースした楽曲"Snow on Tha Bluff”のリリックが、抗議運動の急先鋒に立って動いていたNonameを揶揄していると話題になり、対するNonameも即座にJ. Coleへのリアクションも含んだ"Song 33"をリリースし、J. Coleの姿勢を糾した。

NonameがJ. Coleに対するアンサーソングでもある新曲“Song 33”についての後悔を語る

先週はJ. Coleの新曲“Snow On Tha Bluff“と、それに対するNonameのアンサーソング“Song 33”がシーンの話題を席巻した。J. Coleが昨今の「Black Lives Matter」ムーブメントに積極的なコミットやサポートが出来ない苦悩を明かした同曲は、SNS上で人気ラッパーがBLMに対する寄付や支援を行うことを要求する発言を行ったNonameに対する言及が含まれており、これを受けたNonameが新曲の中で反論を行ったのが事のいきさつである。今回、Nonameがこの一件を振り返って後悔が残っていることを明かしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。