DJ PremierがLil Uzi Vertが“Mass Appeal”のビートでのフリースタイルを拒否したことについて語る

DJ Premierと故Guruによる伝説的ヒップホップデュオGang Starr。先日、突如として約16年ぶりとなるニューアルバム『One of the Best Yet』をリリースし、各所で話題を呼んでいる中、DJ PremierがGeniusの『For The Record』に登場。リードシングル“Family and Loyalty”の制作などについて語っている。

“Family and Loyalty”にはフィーチャリングアーティストとしてJ.Coleが参加しているが、PremierによるとJ.Coleに声をかける前にDrakeとKendrick Lamarにも声をかけていたそう。

「最初、俺はDrakeに参加してほしかったんだ。なぜなら、『Scorpion』の“Sandra's Rose”で俺達は一緒に曲を作ったからね。でもその当時、彼は文字通りツアーに縛られていて、時間的に実現できなかった」と彼は語り、続けて「俺はKendrickにも参加してほしかった。でも、彼は彼自身のアルバムの制作が忙しいって言われたんだ。実際、彼は自分のアルバムを出した。クールだよね。全然問題ないよ。それで俺は“Coleはどうかな”ってなったんだ」とJ.Coleが参加することになった経緯を語っている。

最初、PremierはJ. Coleに“So Many Rappers”のビートを送ったそうなのだが、同曲のテーマをすでにColeは“Middle Child”でラップしていたため、代わりに“Family and Loyalty”のビートを送ったとのこと。その後、すぐにColeから「兄弟、鳥肌が立ったよ。これはドープだ」と返信が来たそう。1番初めに彼が求めたのがDrakeだったというのが少々意外だが、ばっちりかましているJ.Coleもさすがと言えるだろう。

また、彼は自身とLil Uzi Vertの関係についても語っている。というのも2016年にLil Uzi VertがHot 97のインタビューに登場した際に、Gang Starrの名曲“Mass Appeal”のビートでフリースタイルするのを拒否するという一幕があったからだ。
実際、Premierはこの一件について「彼が俺のビートで必ずしもライムする必要はないよ。全ては愛だ」と全く気にしていないそう。さらに彼は「Uziは俺に“よお、兄貴。あれは俺が“Mass Appeal”のビートでラップをしたくなかったってわけじゃない。“Mass Appeal”のビートがワックだとかそういうわけでもない。あれはただ俺がラップしたいビートのスタイルじゃなかっただけだ。“Full Clip”のビートだったら、ラップしてただろうね”とDMを送ってきた」とLil UziがDMしてきたことを明かした。

実際、Premierは現在制作中のアルバム『PRhyme 2』にて、Lil Uzi Vertとのコラボを画策しているそうなのだが、スケジュールの都合で実現するかは分からないとのこと。DJ PremierのビートとLil Uzi Vertがどのような化学反応を見せるのか気になるところだ。

インタビュー全編は下の動画から。

related

Don Cannonが「アルバムのデラックス版を出すトレンドはLil Uzi Vertが作った」と語る

今年3月、長く待たれたアルバム『Eternal Atake』をリリースしたLil Uzi Vert。アルバムはファンから大いに歓迎され全米アルバムチャートで初登場1位を記録したが、その僅か一週間後、同作のデラックスバージョンとして2016年のミックステープ『Lil Uzi Vert vs. The World』の続編にもあたる『Eternal Atake (Deluxe) - LUV vs. The World 2』を続けざまにリリースし話題を呼んだ。

J. ColeがNBAプレイヤーに転身するという噂が話題に

新曲をコンスタントにリリースし精力的な活動を続けているJ. Cole。そんな彼が、なんとラッパーからバスケットボールプレイヤーに転身するという噂が広がっている。

FutureとLil Uzi Vertのコラボプロジェクトが来週リリースか|ティザームービーも公開

待望のニューアルバム『Eternal Atake』のリリースも話題を呼んだLil Uzi Vertと、最新作『High Off Life』も好評であったFuture。そんな二人が、7月31日にコラボプロジェクトを発表することを予告し大きな注目を集めている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。