Kid Cudiのライブにゲストとしてティモシー・シャラメが登場

先週末に開催されていたComplex Conに出演しライブを行ったKid Cudi。そんな彼のステージにゲストとして俳優のティモシー・シャラメが登場し話題となっている。

Kid Cudiが2009年にリリースした1stアルバム『Man on the Moon: The End of Day』のイントロには、シカゴのレジェンドであるCommonによるナレーションが入っている。今回のライブでは、Commonのパートをティモシー・シャラメが担当。「This is the story of the man on the moon」という言葉に続けてKid Cudiが登場し、Kanye Westとのアルバム『KIDS SEE GHOSTS』に収録された“Feel The Love”をパフォーマンスしている。さらにティモシー・シャラメに続いて同曲にフィーチャーされたPusha Tもゲストとして登場している。

Kid Cudiは『君の名前で僕を呼んで』や『サスペリア』などの監督であるルカ・グァダニーノによる新作テレビドラマシリーズに出演することが決定しているため、ティモシー・シャラメとの関係もそこから始まったものと思われる。Dazedによるとティモシー・シャラメは以前Cudiの誕生日パーティーに出席していたこともあり、その場にはKanye WestやKim Kardashianらも同席していたとのこと。

いずれにせよ、Complex Conに足を運びKid Cudiのライブを観た人々はかなり貴重な体験が出来たようだ。

related

Kid CudiがTravis Scottとの制作から影響を受け「アップテンポな曲を作りたくなった」と語る

今年の4月、Travis Scottとのコラボプロジェクトとしてリリースされた“THE SCOTTS”が全米シングルチャートで1位となるなど大きな話題となったKid Cudi。そんな彼が、Travis Scottが自身に与えた影響について語っている。

バーニー・サンダース議員の選挙運動をめぐってヒップホップシーンでも様々な動きが|Kid Cudiが参加を公表し、Public EnemyはFlavor Flavを解雇

今日3月3日はアメリカ大統領選最大の山場の一つであるスーパーチューズデー。野党である民主党からの候補者が大きく絞られるこの重要な日を前に、ヒップホップシーンでも様々な動きが起こっている。

Kid Cudiが『ソニック・ザ・ムービー』を観るために再び映画館を貸し切りに

大の映画好きとしても知られるKid Cudi。以前はジョーダン・ピール監督による映画『アス』を見るために映画館を丸ごとレンタルし、ファンと共に観賞するイベントを開催したことで話題を呼んだが、そんな彼が再び映画館を貸し切りにしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。