Kid Cudiが新作『Entergalactic』に合わせてNetflixでアニメシリーズを制作

現在、Kanye Westとのコラボ作『KIDS SEE GHOSTS』以来となるニューアルバム『Entergalactic』を制作中であるKid Cudi。そんな彼が、アルバムに合わせてNetflixでアニメシリーズを配信することが報じられている。

Complexによると、Kid Cudiはテレビドラマシリーズ『Black-ish』などで知られるクリエイターKenya Barrisと手を組み、大人向けのアニメシリーズを制作しているとのこと。サウンドトラックは全てKid Cudiの新作からの楽曲となり、ある男が愛を探す旅に出る様子を描いたものであるという。さらに脚本、主演、エグゼクティブプロデューサーをKid Cudi自身が務めるということも明らかになっている。脚本とプロデュースはKid Cudiも出演したドラマシリーズ『僕が教えるアメリカ成功術』の脚本家であるIan Edlemanも参加するようだ。

アニメシリーズに加え、映画『君の名前で僕を呼んで』や『サスペリア』の監督であるルカ・グァダニーノの新作となるHBOのテレビドラマシリーズ『We Are Who We Are』にもKid Cudiの出演が決定している。ドラマは全8話となり、クロエ・セヴィニーやアリシー・ブラガが共演者として名を連ねる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kid Cudi #WeAreWhoWeAre @kidcudi 📸: #LucaGuadagnino

We Are Who We Areさん(@wearewhoweare)がシェアした投稿 -

音楽だけでなく映像のフィールドでも精力的な活動を続けている彼の動きに今後も注目である。

related

バーニー・サンダース議員の選挙運動をめぐってヒップホップシーンでも様々な動きが|Kid Cudiが参加を公表し、Public EnemyはFlavor Flavを解雇

今日3月3日はアメリカ大統領選最大の山場の一つであるスーパーチューズデー。野党である民主党からの候補者が大きく絞られるこの重要な日を前に、ヒップホップシーンでも様々な動きが起こっている。

Kid Cudiが『ソニック・ザ・ムービー』を観るために再び映画館を貸し切りに

大の映画好きとしても知られるKid Cudi。以前はジョーダン・ピール監督による映画『アス』を見るために映画館を丸ごとレンタルし、ファンと共に観賞するイベントを開催したことで話題を呼んだが、そんな彼が再び映画館を貸し切りにしている。

Kid Cudiのライブにゲストとしてティモシー・シャラメが登場

先週末に開催されていたComplex Conに出演しライブを行ったKid Cudi。そんな彼のステージにゲストとして俳優のティモシー・シャラメが登場し話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。