Ovallが再始動後として初のアルバムをリリース | 先行シングル"Slow Motion Town"を本日配信

Shingo Suzuki、mabanua、関口シンゴによるバンドOvallが、2017年の再始動後初となるアルバムを12/4(水)にリリースすると発表した。

それぞれがソロとしても多忙を極める活動を行いながら、バンド活動も精力的に行ってきたOvall。セルフタイトルのアルバムは3人が持ち寄った新たなエッセンスを散りばめながらも、本来の軸はブラさずに、絶妙なバランスで創り上げた楽曲の中から厳選した9曲を収録。バンドサウンドならではのアンサンブルと、全員がトラックメイカーだからこそのアプローチが随所に光り、まさにOvallにしか作り上げることのできないハイブリッドな音像となっている。

リリース発表を受けて、本日先行シングル"Slow Motion Town"がリリース。アルバムのジャケットアートワークは、近年ではTHA BLUE HERBなどへの作品提供、また『あいちトリエンナーレ2019』に出品作家+デザイナーとして参加し、ジャンルやフィールドを超えて多くの作品を生み出し続ける鷲尾友公が担当。

また、限定盤付属のDISC2にはKan Sano、Michael Kaneko、Nenashi、そしてWONKからHIKARU ARATA & KENTO NAGATSUKAがOvallの楽曲を自分色に再構築させた楽曲を収録している。

Info

■ アーティスト : Ovall (オーバル)
■ タイトル : Ovall (オーバル)
■ 発売日:2019年12月4日 (水)
■ 品番・価格:
□ CD (通常盤) : OPCA-1042 / 2,500円 (+tax)
□ 2CD (限定盤) : OPCA-1043 / 3,000円 (+tax)

■ 収録曲 :
□ DISC1:
01. Stargazer
02. Transcend feat. Armi (Up Dharma Down)
03. Dark Gold
04. Come Together
05. Slow Motion Town
06. Triangular Pyramid
07. Paranoia
08. Rush Current
09. Desert Flower

□ DISC2 :
曲順・曲名未定

https://Ovall.lnk.to/SlowMotionTown

related

新世代のジャズフェスティバル『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL』が日本初開催 | DREAMS COME TRUEやWONK、 Answer to Remember、Ovall、黒田卓也 aTak Bandなどが出演決定

ヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェスティバル『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL』が、5月に日本初上陸し、埼玉・秩父ミューズパークにて2日間にわたり開催される。

【イベントレポート】『City Connection』|クリエイティビティが交錯する刺激的な一夜

Manhattan Portageが主催する、都市型音楽プロジェクト『City Connection』。昨年は代官山UNITの3フロアに渡って開催され大盛況を収めた同イベントは、本格的始動を予定していた今年、コロナ渦によって延期が繰り返され、DOMMUNEにて5時間の生配信という形での開催が決定した。本来は配信限定である今回の『City Connection』、幸運にも現場に参加することが出来たFNMNLでは、熱気あふれる5時間の模様を写真とレポートでお届けする。

Manhattan Portageによる都市型音楽プロジェクト『City Connection』がDOMMUNEで開催 | AAAMYYY、オカモトレイジ 、Ovall、環ROYなどが出演

Manhattan Portageによる都市型音楽プロジェクト『City Connection』が、11/25(水)にDOMMUNEで放送される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。