TOMMY JEANSがT-PablowやRAVI、Eileen Yoなどアジアの注目アーティストを起用したビジュアルを公開

TOMMY JEANSがT-Pablowや、韓国を拠点に活動するラッパー、シ ンガーソングライターそしてプロデューサーの RAVI、中国のR&BシンガーのEileen Yoという、アジアのミュージックシーンで活躍する気鋭アーティストを起用した2019年フォールコレクションのビジュアルを公開した。

監督のThuan TranとフォトグラファーのJulian Songが手がけたこの撮影は、ファッションと音楽の新しい声を祝う2019年秋の TOMMY JEANS グローバル広告キャンペーンにインスパイアされている。このコンテンツは、大胆なストリートルックスを身に纏って都会の風景を探索するように、それぞれのアーティストのエネルギー、自信、信頼性を捉えたものとなっている。

2019年フォールコレクションは、機能性とヘリテージという異なる2つのものを意識的にクラッシュさせ、自由なツイストを加えたデニムクラシックを称賛している。100%リサイクルコットンを使用したテーパードジーンズとスカートや、デッドストック素材の生地、トリム、パッチ、ボタンとリベットを使用して作られた、異なる濃度のブラックデニムカーペンタージャケットなど、よりサステナブルな生地で、時代を超越したスタイルを見つめなおし、それぞれのアイテムにユニークなタッチを与えている。

Info

アイテムクレジット
T -Pablow: パッファージャケット¥32,000 / シャツ¥12,000 / T シャツ¥7,000 / パンツ¥14,000 スニーカー¥12,000 以上すべてトミー ジーンズ
RA VI: ライトウェイトダウンジャケット¥24,000 / セーター¥14,000 / シャツ¥10,000 / パンツ¥18,000 スニーカー¥16,000 以上すべてトミー ジーンズ
Eileen Yo: デニムジャケット¥22,000 / パーカワンピース¥14,000 / スニーカー¥24,000 以上すべてトミー ジーンズ

https://japan.tommy.com/ecp/b/pc/Search.html?mthd=06&SC=TH1&BG=01&PQ=42&sort=1&SST=92&KW=19fw_tommyJeansx communityoftalent

【問い合わせ先クレジット】 トミー ヒルフィガー カスタマーサービス
0120-266-484
http://japan.tommy.com

related

【スペシャルライヴレポート】 ANARCHYのツアーファイナルにMACCHO、般若、SEEDA、AKLO、IO、T-Pablow、AwichからKOHHまで集結

ANARCHYが6月12日に東京・EX THEATER ROPPONGIでスペシャルライヴ「ANARCHY “THE KING” TOUR SPECIAL -Supported by Bitsmith-」を行なった。これは3月21日の大阪・THE PINK公演からスタートして全国16箇所を回ってきた「ANARCHY “THE KING” TOUR」を締めくくるライヴ。場内は若い男女のヒップホップファンで埋め尽くされた。

CDが即完売となっていたT-Pablowの『Super Saiyan1 The EP』がデジタルリリース

BAD HOPのメンバーであるラッパーのT-PablowがCDで先行リリースしていたEP『Super Saiyan1 The EP』がiTunesでも本日リリースされた。

T-Pablowの『Super Saiyan1 The EP』のトラックリストが公開。YZERRはじめBAD HOPやKOWICHIが参加

BAD HOPのメンバーであるラッパーのT-Pablowが、近日リリース予定の『Super Saiyan1 The EP』のトラックリストをTwitterで公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。