STUTS & 松たか子 with 3exesによる『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌"Presence"のCDの全貌が明らかに | T-Pablow、Daichi Yamamoto、NENE、BIM、KID FRESINOが参加したリミックスも収録

今晩最終回を迎えた『大豆田とわ子と三人の元夫』。第五話と第十話の主題歌"Presence V (feat. T-Pablow)"が、明日6/16(水)にリリースされる。

"Presence V (feat. T-Pablow)"は松たか子、3exes(=3人の元夫)岡田将生、角田晃広、松田龍平がコーラス参加している。

今作を収録するSTUTS & 松たか子 with 3exesによる主題歌5曲の他、今回フィーチャリングで参加したT-Pablow、Daichi Yamamoto、NENE、BIM、KID FRESINO豪華5名のラッパーが参加した"Presence Remix"に加え、歌メロをSTUTSと共に制作したbutajiをfeatした"Presence Reprise"。そして、STUTSによるインスト・トラックも収録した全10曲収録したアルバムの全貌が明らかとなったCD『Presence』は6/23(水)に発売される。

T-Pablowです。
初めてドラマの主題歌を制作させていただいたのですが、普段活動しているBAD HOPや自分自身のソロで作っている音楽とはまた違うコンセプトがある楽曲に携わることができ、良い刺激を頂きました。
松さんと一緒にレコーディングや撮影をさせて頂き、松さんのラップへの対応力や周りの方達への配慮などといった人間力を間近で見れて学んだ事も多く、凄く勉強になりました。
また一つアーティストとして成長できた現場でした。
ありがとうございました。

Info

6月16日(水)午前0時より、iTunes、レコチョク他にて配信スタート 

Presence V (feat. T-Pablow)

ダウンロードはこちら → https://VA.lnk.to/BVn2s3

オフィシャルオーディオ → https://youtu.be/3l8i5AI6EBg

Presence Ⅰ (feat. KID FRESINO) Official Music Video

【アルバムリリース情報】

6月23日(水)発売

STUTS & 松たか子 with 3exes 

「Presence」

価格:2750円(税込) 品番:BVCL-1129 全10曲収録

【収録曲】

1. Presence I (feat. KID FRESINO)

2. Presence II (feat. BIM, 岡田将生)

3. Presence III (feat. NENE, 角田晃広)

4. Best Party of My Life

5. Presence IV (feat. Daichi Yamamoto, 松田龍平)

6. Presence V (feat. T-Pablow)

7. Presence Remix (feat. T-Pablow, Daichi Yamamoto, NENE, BIM, KID FRESINO)

8. Shapes

9. Presence Reprise (feat. butaji)

10. Presence (instrumental)

発売元:ソニー・ミュージックレーベルズ

各CDショップはこちら → https://va.lnk.to/w2EHwG

related

DJ CHARI & DJ TATSUKIの連続シングルリリース第4弾はT-Pablow & Yellow Patoを招いた"The Best"

7月中に、3週連続でシングルをリリースして話題を集めたDJ CHARI & DJ TATSUKI。

スリーピースバンドRyu MatsuyamaがDaichi Yamamotoを迎えた新曲"Snail"をリリース決定

ピアノスリーピースバンドRyu Matsuyamaが、8/11(水)にDaichi Yamamotoを迎えた新曲"Snail"をリリースする。

CampanellaがKID FRESINOをフィーチャーした新曲"Puedo"をリリース | プロデュースはRamza

名古屋を代表するラッパーCampanellaが、新曲"Puedo"を本日7/21(水)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。