Lil Babyがキャリアの初期にYoung Thugから大きなサポートを受けていたことを明かす

今やフィーチャリングで見ない日はないほどの人気ラッパーとなったLil Baby。先日には、彼がラッパーとしてのキャリアを始めた頃にGunnaからサポートを受けていたことを明かしていたが、同郷アトランタの先輩Young Thugからも支援を受けていたと語った。

XXLの秋号でのインタビューに登場したLil Babyによると、Young Thugは早くから彼の才能に気づいていたそう。そんなYoung ThugはBabyのラップキャリアをさらに飛躍させ、彼がスタジオに入ることが出来るように、必要なあらゆるものを支払うことを申し出てくれたとのこと。

「Young Thug、彼は全てのジュエリーを俺にくれたんだ」と語り始めたLil Babyは続けて「彼(Young Thug)は俺に地元を離れさせるため、文字通り金を支援してくれたんだ。彼は「お前はラップが出来る、そういう才能があるんだ。お前は次世代になるんだ。だからお前はフッドを離れるべきなんだ。俺がお前がスタジオに来るための金を払ってやる」と言ってくれた」とYoung Thugに金銭面で多大なサポートを受けたことを明かしている。

また、どうやらLil Babyの才能に早くから気づいていたのはYoung ThugだけではなかったようでGucci Maneも彼の才能を見初めていたそう。

Babyは「俺がスタジオで短めの曲を作って、短い動画をInstagramに投稿したんだけど、その時にGucci Maneが「俺は彼とサインする」ってコメントしてくれたんだ。でも、Young Thugは「彼はもう俺ともうサインしてるから」って感じだった」と当時のことを振り返った。

先述したように、現在Lil Babyは文字通り人気ラッパーの仲間入りを果たしたわけだが、恩返し以上のものを返しているとも言えるだろう。

Young Thugの太っ腹具合とともに、アトランタコミュニティの強固さが伝わるエピソードであった。

インタビュー全編は下の動画から

related

Young Thugの愛犬Ms Tootieが亡くなる|タトゥーを腕に彫ることで追悼

先日はPop Smokeの遺作『Shoot For The Stars Aim For The Moon』収録曲への参加で話題を呼び、またTravis Scottとのコラボも噂されているYoung Thug。そんな彼のSNSにしばしば登場していた愛犬Ms Tootieが先日この世を去ってしまったことが報じられている。

Travis Scottが自身のラジオ番組でBig SeanやYoung Thugとコラボした新曲3曲を初披露

先日はKanye Westの新曲“Wash Us In The Blood“に参加したことでも話題を呼んだTravis Scott。そんな彼が、自身のラジオ番組.wav Radioの最新エピソードを約2年ぶりに公開。そこで、Big SeanやYoung Thugとのコラボ曲となる新曲たちを初披露した。

Pop Smokeの遺作でのリリックをきっかけにPusha TとYoung Thugとの間でビーフが発生

先週金曜日にリリースされた、故Pop Smokeの最初で最後のアルバム『Shoot For The Stars Aim For The Moon』。同作はVirgil Abloh手掛けるアートワークを巡り議論が起こるなどの騒動もありながら無事リリースとなったが、生前の彼が遺した楽曲でコラボレーションを行なっていたPusha TとYoung Thugとの間に、その楽曲をきっかけとしたトラブルが発生してしまった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。