Frank Oceanがマリブに635万ドルの豪邸を購入

先日はW Magazineのインタビューで次回作の方向性や近頃の関心を明かし話題を呼んだFrank Ocean。そんな彼が、豪奢な別荘を購入したことが明らかになった。

Complexによると、Frank Oceanがカリフォルニアのマリブに635万ドル(約6億8千万円)の豪邸を購入したことがVarietyによって報告されている。敷地は6070平方メートルにも及び、カーボンビーチを一望出来る絶好のロケーション。家自体は1955年に建てられたもので、特注のキャビネットを備えたイートインキッチン、カーペット敷きのダイニングルーム、大型の暖炉のあるリビングがある。さらに5つのベッドルーム、組み込みのバスタブとウォークインクローゼットを備えたマスタースイート、アーチ型の天井などとにかく豪華な作りになっていることが分かる。Varietyの記事で、その豪華な外見や内装の写真を見ることが可能だ。

Frank Oceanが現在メインで居住している家を売り払われた記録は無いため、今回購入された家は恐らく別荘のようなものだと推測出来る。

一般的な金銭事情の我々にとっては中々購入することが難しい家だが、ファンの方は写真を眺めてそこで生活するFrank Oceanに思いを馳せてみてはいかが?

RELATED

"DHL"のプロデューサーであるBoys NoizeがA$AP Rockyを通じてFrank Oceanと出会ったことを明かす

00年代を代表するドイツ出身のエレクトロアーティスト、Boys Noize。最近ではFrank Oceanの久しぶりにリリースされた新曲“DHL”やA$AP Rockyの“Babushka Boi”にプロデューサーとして参加するなど、シーンを跨いでの活躍が目立つ彼がFrank Oceanとの楽曲制作を振り返っている。

Frank Oceanが自身によるクラブイベントを開催 | その4つのルールとは

先日公開されたインタビューで、デトロイトやシカゴのテクノ、ハウスに興味があると語っていたFrank Oceanが、現地時間の10/17(木)にNYでクイアクラブイベント『PrEP+』を開催している。

Frank Oceanが「デトロイトやシカゴのダンスミュージックシーンに興味がある」と語る

アメリカのファッションメディアW Magazineから、Frank Oceanの最新インタビューが公開。そこで、現在制作中であるという新たなプロジェクトや最近の興味について語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。