Frank Oceanが「デトロイトやシカゴのダンスミュージックシーンに興味がある」と語る

アメリカのファッションメディアW Magazineから、Frank Oceanの最新インタビューが公開。そこで、現在制作中であるという新たなプロジェクトや最近の興味について語っている。

「最近見たり考えていることは何?」という質問に対し、Frank Oceanは「クラブにずっと興味があって、音楽や歌にはそれぞれ違った種類のナイトライフの繰り返しがあるよね。今はこれらのシーンと関わって行きたいと思ってるんだ。デトロイト、シカゴ、テクノ、ハウス、フレンチエレクトロ…」と回答。ここ最近は四つ打ちを中心としたダンスミュージックのシーンに接近することを考えているようだ。以前より彼は自身の制作にダンスミュージックシーンのアーティストを招くことをしていたが、彼が本格的にダンスミュージックを作った場合どのような作品が出来上がるのか非常に興味深い。

また、「今取り組んでいる新しいプロジェクトはある?」との質問には「僕の答えは、いつだって音楽や別のことに取り組んでいるよ、ってことだ。今は水中に潜ってプールを4周することに挑戦してる。自分の家でね。(中略)水中を4周するのは本当に難しいんだ。死ぬんじゃないかとさえ思うよ。それを毎日やっていて、自分の人格の中の非言語的な部分、自分を非生産的にするものに対して抵抗しようとしているんだ」と、何故か水泳に熱心に取り組んでいることを明かした。ただ単に泳いでいるだけのことに対する思考のアプローチがいかにもFrank Oceanらしい。

さらに、「新しい楽曲の中で探求しているテーマやアイデアは?」と尋ねられた彼は「とても長い間“脆弱性の中に強さがある”と信じてきたけど、今はもうそれを信じられない。“強さ”と“脆さ”は言葉として反対に聞こえる。だからその二つを組み合わせることが賢いように思えるけど、実際そうなのかどうか分からないんだ。それに気づいたとき、“なるほど、これは正直でいるか嘘つきでいるか選ぶってことなんだ”と思った。物語を語り始めたら、その後に語らないと決めることも出来る。これは僕自身の物語だから。アーティストに対する、脆く、そして真実を語ることへの期待は大きいよね?」と語った。非常に抽象的な言い回しだが、これまでFrank Oceanが周囲から持たれてきた「sad boy」的なイメージを一度脱却することを試みているとも考えられる。さらに先ほど語られたダンスミュージックへの傾倒も踏まえて考えると今後彼が行こうとしている方向性にある程度の予想も出来そうだが、常にリスナーの予想を上回ってゆく彼の次回作がどのようなものになるかは未知数だ。

W MagazineによるFrank Oceanインタビューの全編はこちらから読むことが出来る。

related

Frank Oceanの母親が『Channel Orange』と『Blonde』のどちらが好きか選ぶ

以前Frank Oceanがインタビューで夜間のスキンケアの重要性を説いた際に「日焼け止めを忘れてるよ」と指摘するなど、かなり強いキャラクターを持っていると思われる彼の母親。そんな彼女が、息子の作品の中でお気に入りのアルバムや楽曲について語っている。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。